平田 真弓

平田 真弓

かの一歩目を踏み出すお手伝いが出来たらとても敵だと思っています。

ウユニ塩湖でジャンプしている平田 大輔と平田 真弓

スタッフの「マユミ」です。

2007年の冬、当時25歳で会社員だった私は仕事を辞めて、念願だった一人旅に出ました。 自分で行き先を決め、VISAを取り、交通手段を探し、宿探しをして・・・ その旅はそれまでのツアー旅行とは全く違う旅でした。
初めての一人旅は、怖い事や不安な事ももちろんありましたが、それ以上に私の考え方を大きく変える出会いや 出来事ばかりで、毎日ドキドキワクワクしていたように思います。

インド人女性2人と平田 真弓

旅の途中でワーキングホリデーをオーストラリアでしようと思った時、英語が話せるようになりたい!と本気で考えはじめました。
ちなみに、英語が学生時代5教科の中でダントツに苦手でした。

もちろん、旅をしてみて、言葉が通じなくてもコミュニケーションが取れることは、身をもって感じていました。
英語が母国語でない国では、むしろ英語よりもその国の言葉を少しでも使った方が、現地の人に喜ばれることも知っています。

ただ、トラブルに遭った時や、体調を崩した時、そして他の国の旅行者と出会った時、世界で多く共通言語として話されている英語を話せたら、どんなに良いかと思ったことが沢山ありました。

旅の途中でフィリピンでの英語留学を知り、CROSS×ROADに生徒として6週間滞在しました。
フィリピン人の先生との授業は本当に楽しく、また集中して6週間英語を学べたことで、英語に対する苦手意識がなくなりました。

英語だけでなく、オーナーの岡本夫妻はもちろん、様々なバックグラウンドを持つ生徒さんと一緒に未来を語り合う事が出来、多くの刺激をもらいました。

その後、オーストラリアのワーキングホリデーや中南米を旅し、縁あって、スタッフとしてまたCROSS×ROADに携わらせてもらっています。
留学してみたい、旅に出たい、ワーキングホリデーをしたいと思っている人の多くが、私自身が最初の旅に出る時に感じていた不安や躊躇を感じているように思います。
一歩を踏み出したいけれど、理由を見つけてそこから出られない、そんな誰かの一歩目を踏み出すお手伝いが出来たらとても素敵だと思っています。
少しでも迷っていたら、ぜひ私たちにご相談ください!

  • 岡本 琢磨
    岡本 琢磨
  • 岡本 未幸
    岡本 未幸
  • 平田 大輔
    平田 大輔
  • 平田 真弓
    平田 真弓
  • 山本 健太
    山本 健太