ウルルの写真

ワーホリ準備コース

現在の旅人数172名
​※C×Rを卒業してワーホリに出た人数

英語キャリアも身に付ける
攻めるワーキングホリデー

現在の旅人数172名
※C×Rを卒業してワーホリに出た人数

英語キャリアも身に付ける
攻めるワーキングホリデー

敗しないめるワーホリ

ワーキングホリデーを最大限に楽しみ、成功させるためには事前の準備が大切です。

  • 英語環境に飛び込めば英語が話せるようになる
  • 帰国後の就職にも有利
  • 今の退屈な人生に変化を!!!

このような理由からワーホリに挑戦する人が多いですが、

  • 英語が伸びなくてワーホリ後にあらためてフィリピン留学に来る
  • スキルが身に付いた訳でもなく帰国後の就職に苦戦する
  • 英語力が足りなくてワーホリ中の仕事探しや生活に苦労した

実際はこういった日本人が後を絶ちません。

ワーホリ中の記念写真

ーホリ前から終了後までサポートする一の英語学校

クロスロードでは、ワーホリビザで過ごせる貴重な時間を最大限に楽しく、有意義な時間にするための「攻めるワーホリ」をおススメします。そしてそのための英語力UP、最新の情報提供やノウハウからワーホリ後の進路相談までワーホリに必要なもの全てをそろえて皆さんをお待ちしています。

CROSSXROADのワーホリ備コース

01ワーホリ特別カリキュラム

CROSS×ROADの厳選した通常のカリキュラムに加えて、接客英語などワーホリ中の仕事生活面に焦点を当てた英会話レッスンを行います。

ワーホリ英語(5月中旬リリース予定)

接客英語やビジネス英語など、ワーホリ中に直面するさまざまなシチュエーションについて、使える表現を学びます。臨場感にあふれた授業になるため、定着も早いです。ワーホリ経験者の実体験をもとに使える表現を厳選しています。

ワーホリの仕事探しのための英語(5月中旬リリース予定)

仕事探しのために必要なレジュメ(履歴書)、カバーレター(添え状)の書き方から、面接で使う英語を学びます。自分の経歴や強みを伝えるための英語は、これから出会う人々への自己紹介にも活用できる心強いものとなります。
また、現地の英語で書かれた求人サイトの見方もレクチャーします。日本人向けのサイトで探すよりも仕事の選択肢が広がり、良いお給料にもつながります。

Common Travel English

旅行のシーン別に想定される表現を重点的に学びます。
ワーホリ中の旅行を快適にするための、一般的な英語表現を学ぶことができます。

02ワーホリアドバイザー

実際にオーストラリアでワーホリを経験したスタッフが常駐しています。
仕事・費用・ビザ・保険・現地のおススメスポットなど留学前から何度でも個人的に相談することが可能です。

03ワーホリ中のトラブルサポート

短期間の旅行と違い、長期滞在のワーホリでは誰しも一度や二度、トラブルを経験します。そんな時はFacebookやLINEでいつでも相談をしてください。
いざという時にいつでもワーホリ経験者に相談ができることが安心につながります。

04各国ワーホリコミュニティ

入学を決めた時から参加できるワーホリ主要各国のコミュ二ティがあり、留学前から疑問点や不安を解消することが可能です。ワーホリ中の卒業生から各国の最新情報を得ることができるのが大きな魅力です。

05ワーホリ後の進路相談

楽しかったワーホリもいつかは終わりを迎えます。そして、仕事をスタートさせ、それぞれのキャリアを歩んで行きます。クロスロードでは海外経験を活かした海外就職など、ワーホリ後の進路相談も行っています。

06事前学習サポート(全コース共通)

留学の効果を最大化するために、留学前から事前学習をサポートしていきます。

事前学習サポートの図

ワーホリ準備コースへお問い合わせ

ぜワーホリ前にCXRが選ばれるのか

カナダ人と日本人がクリスマスを祝っている

01留学が海外生活へのスタート

CXRは他の語学学校と違い、住宅街であるヴィレッジ内の一般住宅を校舎にしており、ゲストハウスのような空間で英語学習・生活をします。

ワーホリでいきなり海外生活を始める人の中には、日本の生活とのギャップに戸惑う人も多いです。
そんな中、まずは日本人のいる安全な環境で安心して海外生活を送る。これはワーホリ生活のスタートを快適にすることに繋がります。

02豊富なセミナー

CXRでは、多様なセミナーやワークショップが毎月開催されています。

【過去のセミナー例】

  • 大人の自己分析
  • ストリートチルドレンと出会って考えること
  • ワーホリ経験者へのインタビュー

例えば、自己分析セミナーを受けた後にレジュメ(履歴書)や自己紹介の英文を作成することで、仕上がりのレベルは各段に違うのはお分かりだと思います。
また、それだけでなく、ワーホリ中の過ごし方やワーホリ後の視野も広がっていくでしょう。
こういった英語の勉強や情報収集だけでなく、自分をレベルアップさせるための要素が盛り沢山です。

03セブ留学で唯一のワーホリ・旅に特化した学校

CXRのマネージャーは世界一周・ワーホリを経験した夫婦で、ワーホリに出る前にクロスロードで語学留学を経験しています。

旅の充実度は「出会いの質」「コミュニケーションの質」で決まります。

留学で実用的な英会話や発音を身に付けていくことで給料の良い仕事に就けたり、出会うたくさんの人たちとコミュニケーションを取ることができました。
しかしその反面、後悔をしていることもあります。

  • こうすればもっと英語が伸びたのに
  • 給料だけを考えて帰国後に役立つスキルが身につかなかった

など、ワーホリ経験者ならわかるワーホリの現実などの知識も持ち合わせています。

そういったリアルな情報と、自分の強み、好きな事を生かした自分だけのプランを一緒に考えていくことができます。

ワーホリ準備コースへお問い合わせ

CXRを卒業してワーホリへ出た業生の声

~ワーホリを充実させるために~

ネットや本に載っていない日本人のいない場所で、地元の人と一緒に働き、休みの日にはその土地の人しかしらないおすすめの場所を訪れる。

英語というツールを使うことができたから、現地のエージェントに頼んで仕事を探したり、アジア人しかいない場所で働いたりせず、現地の人や多国籍コミュニティの中で過ごすことができました。他国のワーホリの人と情報交換をし、現地で仕事を見つけられれば、ワーキングホリデーは何倍にも充実したものになります。そのために、ぜひCXRで英語を学ぶことをおススメします。

~日本人コミュニティでは意味がない~

オーストラリアで一年間ワーホリを経験しました。
現地のオーストラリア人との会話はもちろん、他の国から来るワーホリの人たちとの共通言語は英語です。英語が話せないと、現地で他国の人と交流が出来なくなり、日本人のコミュニティの中で生活をせざるを得なくなります。
せっかく海外に長期滞在出来、働けるVISAを持っていても、日本と同じ生活をするのでは、あまりにもったいないと思いました。
​ワーホリ前に少しでも英語を身に付けていて本当に良かったです。

~ワーホリで英語の勉強~

ワーキングホリデーがはじまってから、英語の必要性を感じ、途中で現地の語学学校に通い始めた人に会いました。
しかし、ワーキングホリデーを受け入れている欧米諸国や英語圏の国の語学学校は基本的にマンツーマン授業ではなく、グループ授業が行われています。
英語初心者の場合、グループ授業では、一方的に発言を聞くだけになることが多く、自分から発言する機会がとても少なくなります。これでは、どうやっても英語が話せるようにはなりません。また、オーストラリアやカナダなどの語学学校には、宿泊費や食費は含まれていません。物価の高い国での滞在で、出費ばかりになってしまい、数カ月で日本に帰ってしまった人にも会いました。

このように、事前準備もせず、勢いでビザをとり、英語も話せないままだったとしたらと考えると本当にフィリピン留学をしてよかったです。

ワーホリ準備コースへお問い合わせ