2018.11.20NEW

生徒さんインタビュー!〜私、クロスロードに来て人生が変わりました〜前編

どうもこんにちは〜

インターンスタッフの"326"ことみつる氏です!

 

さぁ、久しぶりにこの時間がやってきました。

みつる氏がお届けする生徒さんインタビュー。

 

今回はクロスロードを卒業するマヤにリアルタイムの『今』の心境を聞いてみました。

 

 

 

 

生徒さんインタビュー!〜私、クロスロードに来て人生が変わりました〜前編

 

 

 

 

マヤってどんな生徒さん?

 

名前:マヤ

年齢:26歳

職業:元 看護師

趣味:ダイビング

留学期間:3ヶ月(12週間)

プラン:ライト(50分×4コマ)

 

いつもメイクがバッチリで、ほとんどの週末はダイビングに行っていたんじゃない?って思うほど元気でアクティブな印象の生徒さん。

フィリピン人先生たちとも仲が良くて、まるで家族のような関係になっていましたね〜

 

あと、マヤといえばリビングで毎晩遅くまで自習していた姿と自由参加クラスのグループクラスに病欠を除き欠かさず参加していたこと。

英語に対して真摯に向き合っていた彼女が3ヶ月という長いセブ留学を終えました。

 

ずっと気になっていたマヤという存在。

ということで卒業最終日に突撃インタビューをしてみました!

 

 

クロスロードを選んだ理由は?

ー早速だけど、たくさんの語学学校がセブにある中どうしてクロスロードに行こうって思ったの?

 

はい、留学する生徒さんに旅人が多いということが一番の決め手となりました。

来て早々「楽しい学校だな〜」というイメージを持って、留学は初めてだったけど、これまでの日本の私は仕事などでも人間関係があまりうまくいっていなくて人付き合いに一線を引いたままセブ留学に来たんです。

でもクロスロードに来て、いい仲間と巡り合うことができて、正直こんなにも素敵な人間関係を築けるとは思ってもいませんでした。

最初はとても不安だったけど、初日からみんなと仲良くなれて友達にも恵まれたと思っています。

到着初日に開いてもらった新入生の食事会では、みんなと色々話せたことをハッキリと覚えています。

同じ日に入学したメンバーも多くて想像以上にたくさんの得るものが初日からありましたね。

 

 

3ヶ月(12週間)の留学生活はどうだった?

ー入学から卒業まで自分の中で楽しめたかな?

英語を学習することのモチベーションとか色々な気持ちの浮き沈みはあったりした?

 

モチベーションが落ちることはなかったんですけど、"慣れ"は正直言うと途中の時期にありました。

でもそれは考え方を変えれば"環境に順応できているという"意味としてプラスに捉えることができていたので、「もう英語は勉強したくない!」という気持ちにはなりませんでした。

私は共同部屋に住んでいたから生徒さんも自然に入れ替わるし、たくさんの友達を見送ってきたけど人間関係は誰とも悪くならなかったし全員と仲良くなれました。

悩むことは一切なかったし、何よりも私自身が精神的に病みやすいタイプなのに、「ここまでずっと元気!!」ということに自分自身が一番びっくりしていますね 笑。

 

 

ーもちろん英語を勉強したいという気持ちで来てくれたと思うけど英語はどんな存在になった?

 

英語のことが好きになったし、さらに勉強をしてもっともっと話せるようになりたいと思いました!

来た当初よりもその思いは強くなりましたし、今では英語という存在は生活の一部となりました。

 

 

卒業後はどうする予定なの?

ーこの後アメリカのニューヨークに行って留学する予定だと思うんだけど、それもクロスロードに来てから決めたの?

 

そうなんです!学校生活を過ごしている内にそういう想いになりました。

最初の予定では、卒業後は日本に戻って再就職をして普通の休みの中で海外旅行に行こうかな〜って思っていました。

でもクロスロードに来て『これから世界一周するぞ!』っていう人にたくさん会ったり、今まで色々な国を周ってきた人たちに影響を受けて「私にもできるんじゃない?」って思うようになり、まずは何事にも「チャレンジしたい!」っていう気持ちになったんです。

 

 

ーところで何でアメリカなの?

 

幾つか国の候補はあったんですけど最終的にアメリカを選びました。

やっぱり英語圏であり、もちろん場所によるとは思うんですけどあまり日本人がいないところが良かったんです。

もちろんアメリカ自体に行ったこともないから単純に行きたいということもあります。

さらにこの先ワーキングホリデーにもすごい興味があるから「ワーホリができない場所に行こう!」って思いました。

それにワーホリは色々と手続きがあるし時間もかかっちゃうし...今の自分の英語力を忘れないうちに早い段階で次の行動に移したかったんですよね!

 

 

ーちなみに、その留学の内容を詳しく聞いてもいい?

 

えーっと...実は留学というより観光としてアメリカに入って学校には通わず普通に暮らしながら自分の力だけで英語のアウトプットをしていこうと思っているんです。

 

 

ーえっ!?そうだったの?武者修行じゃん 笑

 

だって、学校に通うとしたら私はもちろんクロスロードで英語を勉強しますからね〜!笑

留学だったらここ以外に選択肢はありません。

後は旅も兼ねてアメリカで約3ヶ月生活してみようと思っているんですよね。

まだ海外が不慣れで不安もあるけど...

住まいに関しては、ゲストハウスやカウチサーフィンなどを利用してできるだけコストカットしながら生活していきたいと思っています。

 

 

ーめっちゃカッコイイ!!本当にクロスロードに来て色々変わったんだね!

 

ここに来る前は一人で何にもできない、一人で海外に行くのも怖い、常に誰かに任せっきりで英語も話せなかった。

でもビザクリ*で一人で台湾にも行けたし、セブでも一人で外に出かけて遊んでいたし、さらに周りの友達の意見を聞いて「私にも絶対できるぞっ!」て思うようになったんです。

もちろん色々なトラブルや困難は待ち構えているとは思うけど、なんか覚悟が決まったというか。

そして私は絶対にクロスロードに帰ってきます。

色々成長して、ひと回りもふた回りも大きくなって「ただいま」って言いに帰ってきたい。

その時は、英語ももちろん旅や海外経験の話をいっぱい話したいって思う。

*...ビザクリ(ビザクリア):滞在ビザの有効期限が切れる前に他国へ出国し、再度入国することでビザを延長すること。

 

 

 

 

くぅ〜っ!

めちゃくちゃ気になるところですが...前編は以上になります。

 

それにしてもインタビュー中、マヤの未来を想像しながらこっちもワクワクしちゃいましたね。

うん、今のマヤ...めちゃくちゃ輝いているよ!!

 

ということで気になる後編は次回まで引っ張りますね 笑。

でもすぐに公開する予定なので楽しみに待っていてくださ〜い!

 

それではまたっ!

この記事をかいた人

みつる

CROSSxROADのインターンスタッフ。 夫婦で約2年間の世界一周の旅を終え「英語」「海外」「出逢い」の環境がそろった念願の地へたどり着く。 セブの暑さよりも暑苦しい男、日々奮闘中です。