2019.02.27NEW

ワークショップ「Let's Dancing!!国境を超えるコミュニケーション」

こんにちは!

インターンのまえてぃーです。

今回は久々に先日行われたクロスロードワークショップをお届けします。

その名も、Let’s Dancing!国境を超えるコミュニケーション」です!!

それではどうぞ!!

 

①エーアイ登場

2月からクロスロードに来てくれたAI。通称エーアイ。

 

留学初日から臆することなく持ち前のコミュニケーション力を発揮し、バッチメイトやルームメイト、親子留学で来ている子どもちゃん達とまで仲良くなりまくっていました。

 

「人見知りなんてないんだろうなー」

 

誰もがエーアイを見たらそんな印象を持つかもしれません。

 

でも、エーアイがここまで人が好きで、誰とでもすぐ仲良くなれるのには理由がありました。

 

それは、、、“ダンス”です。

 

5歳のころからダンスをしていたエーアイは、“ダンス”、つまり“言葉のいらないコミュニケーション”を通し、たくさんの友達、それこそ国籍に関わらず誰とでもすぐに仲良くなってきたそう。

 

そしてそれは、必ずしもダンスが必要な場(イベントやクラブ)だけでなく、学校生活や職場などの日常の場でも十分活かされていると思ったそうです。

 

エーアイは自分のことをこう話す。

 

「私、英語しゃべれないんですよ。だからここに来たってのもあるんですけど。でも、ダンスで、それこそ誰とでも国境とか言葉の壁とかを超えて仲良くなれちゃうんですよ。しかも忘れない。だから今回のワークショップを通して、ダンスって楽しいじゃん。このノリで友達作れちゃうじゃん。って思ってほしい。だからこのワークショップを通して海外で友達つくるツールとか、ノリとかのきっかけにしてもらえたらなって思います」

 

まえてぃーは踊れない。

手拍子かノッてる風に身体を揺らすだけしかしたことない。

でも、とにかくエーアイが楽しそうなんだ。

その楽しさに触れたいと思った。

ワークショップ参加後の自分が、どうなってるのかも、、、ちょっと楽しみだ。

 

②エーアイの友達の作り方

ワークショップに参加したのはおよそ20名の仲間。

全員日本人なのにソワソワが止まらない。

 

ドキドキするぜぃ

 

なぜかって??

みんな「踊れるかなー」「私、絶対できなーい」「見てるだけでもいいかなー」。。。

不安の集合体だったから。

 

そんな参加メンバーを前にエーアイが登場。

そして、一言。

 

“とにかく踊るから楽しんでみて♪”

 

やってみてから考えること。

やってるうちに楽しくなること。

友達を作ることも何もかも、全ては“やってみること”から始まるのだ。

 

③エーアイは強制しない

エーアイのかけ声で全員でストレッチ。

普段運動やスポーツからかけ離れた生活をしているメンバーも多く(まえてぃー筆頭)、至る所からイテテ…と痛みに耐える声がする。

 

でもエーアイは気持ちいい所でやめていいと言う。

見てるだけのメンバーや虫に興味津々でこちらに入ろうとしない子ども達にも「やりなさい」とは言わない。

エーアイの笑顔とハツラツとした声から、まるで“その場にいてくれるだけでOKで嬉しいよ!”と言われているような空気を感じる。

 

ちょっと不安がワクワクになってる気がする。

 

 

④エーアイと踊ってしまえ

そして簡単な振り付けのレッスン。

まず決まったのは、、、

“ペア”

なんとくじ引きで二人組のペアを作って「二人で1つのダンスが完成」するような振り付けをエーアイは考えていたのだ。

いきなりペア!?

いきなり誰かととか責任重大!!

挨拶もそこそこにとってもチグハグでソワソワしているペア達が誕生した。

 

そして、、、

たった30秒もないような振り付けに全員が頭と体をフル回転させていた。

 

躍動感のスゴいエーアイと頑張ってる私たち。

 

「はい、右~。」

「はい、左~。」

「ここで手をたたく!」

「はい、ここでターン!!」

 

最初は「無理だよ~」と嘆いていたメンバーもいつのまにか見よう見マネで全力で踊っている。

ペアとの恥ずかしさ、出来なかったらどうしようという不安、そんなものがあったのかと思うほどみんな踊ることに熱中している!

息も上がるが口角も上がる。

ずっと笑顔ではしゃぎながら踊っている大人たち!!

最後のきめポーズさえ合えばOK的な空気も楽しい!

 

“なんとかなってる”

“なんか楽しい”

 

こんな風に身体を動かしたのはいつぶりだろう。

 

⑤みんなでHAPPYになろう

そして最後は全員で合わせよう!ってことで、みんなで一緒に世界の大人気曲、HAPPYに合わせて踊りました!!

 

本当に不思議なものでまえてぃー自身、「できなかったらすぐ見学しよう」という魂胆を保険としてもっていたのだが、そんな魂胆は必要ななかった。

踊れ踊れ~

自然と湧き上がる歓声。

「お前めっちゃ上手いやん」と褒めあったり、「そんな動けんの??」という仲間の新しい一面の発見、「子ども抱えながらとかスゴイ!!」と母の強さを実感したり、そして踊り終わったら起こる「もっ回やろう!」の声。

 

 

ポーズポーーーズ!!

 

 

「本当めっちゃ楽しいんだけど!!」

 

この時間のテーマであった留学仲間と仲良くなること、世界を旅したら必要であろう英語以外のコミュニケーションの力、勉強の合間のリフレッシュ。

そのどれもがこのたった1時間で超絶実感できるほどの濃い、そして楽しみまくりな1時間でした。

 

「踊れなくても大丈夫」は「英語できなくても大丈夫」と同じ。

でも、ダンスも英語も

・楽しいから続けられる、

・楽しいからもっとやりたいって思える、

・楽しいから誰かと一緒にやりたくなる、

・楽しいから上手い下手も年齢も性別も国籍も価値観も関係ないんじゃー!!って思える。

これからも英語もダンスも楽しく続けたい。

 

そんなことを学べたエーアイのワークショップでした。

エーアイ曰く、次回はレッツダンシング、実践編。

「みんなでクラブで友達つくろー」、だそうです。

楽しみだな♪

 

超絶かっこよく「ドゥーーーン!!」

この記事をかいた人

まえてぃー

元高校世界史教師のまえてぃー(由来 : 前川teacherの略)。 TOEIC330点でも恐れることなくアジア→中東→ヨーロッパ→アフリカを教科書片手に周遊し、世界の歴史をたどる歴旅中。 現在50カ国の旅を完了。イランに恋する中、ここクロスロードにたどり着きましたε-(´∀`; )