2019.05.09

31歳でもっと現実を見ろ!と言われたタクさん、40歳になる!

こんにちは。ミユです。

 

昨日は、学校の校長先生でもあり、だんなさまでもあるタクさんのお誕生日でした。

 

おかげさまで40歳になりました!!!!

 

誕生日の人がみんなにふるまうというフィリピン流の誕生日。

先生に、ピザとジョリビーどっちがいい?と聞いたら即答でジョリビー!

とのことだったので、約40人分をオーダー。

「量が多すぎて、ポテトとアイスとドリンクは無理です」

と断られました(/ω\)

 

こんなにたくさんの人にお祝いしていただき、40歳という新しい歳をむかえられて素敵なだぁと思いました。

 

ちなみに、彼が日本でまっとうに勤めていた会社を辞めて(休職して)旅に出たのが31歳の時。31歳というとしてそれまでのキャリアを捨てて(という表現が良いのかわかりませんが)世界一周という夢を始めることを応援してくれる人もいれば、「何を甘いことを」「もっと現実を見ろ」という方もいました。

 

それから10年。フィリピンセブ島で起業をして、クロスロードを立ち上げ7年目。ここに来てくれたりここで働いてくれる人たちのおかげで、クロスロードは本当に素敵な場所、「クロスロード」という名前にふさわしい場所になっていると思っています。

 

あのときの一歩。

 

誰が何と言おうとも、自分の人生は自分のもの。

あのときの一歩踏みだしていなかったら、そう考えることのほうが恐ろしいです。

 

何が言いたいかというと、30歳からだって新しいことを始めることはできる!

だから迷っている人がいるなら是非1歩目を踏み出してみてほしい。

 

そして、その一歩がクロスロードからならうれしいです笑

 

いつか、このブログを読んでいた台だいた方にここで出会える日が来ますように。

 

 

 

 

 

この記事をかいた人

ミユ(岡本未幸)

旅人達の英会話スクールCROSS×ROAD代表 ごく普通の人生を歩んできたつもりがブラック企業から離れるために30歳で、世界放浪の旅に出てそのままセブ島にてCROSS×ROADを設立。今は2人の子どもを育てながら親子留学と日本語による文法クラスを担当。 最近始めたことはダイエット目的のムエタイと子連れの旅。しばらくは日本国内とフィリピン国内をせめる予定。子連れバックパッカーになる日も近い!?