2019.09.06NEW

セブ島クロスロードで親子留学をした深沢ファミリーの体験談「次の目標は親子4世代留学」

 

深沢家のプロフィール
  • お名前:

お母さんのぞみさん

だいち10歳、ともか7歳、ゆきち2歳

  • 留学期間:2ヶ月間

 

 

今回、深沢さんにインタビューさせて頂いた主な内容はこちらです。

 

  1. クロスロードを選んだきっかけと経緯
  2. 留学生活 〜授業面〜
  3. 留学生活 〜生活面〜
  4. 親子留学をお考えの方に伝えたいこと

 

1.今しかない!子どもたちに海外を経験させてあげたい

私がセブ島、そしてクロスロードに決めた理由

 

質問①深沢さんは今回、どうして親子留学をしようと思われたのでしょうか?きっかけや経緯などをお聞かせください。

 

私自身、オーストラリアでのワーキングホリデー経験があり、子どもたちにも同じように海外に興味を持ってもらいたいという想いから、親子留学をしようと決意しました。

また、育児休暇が今年終わってしまうので、最後に今しかできないことをしようという思いもありました。

 

質問②お母さんの育児休暇を利用して、念願の親子留学だったのですね。

では、どうしてセブ島、クロスロードを選ばれたのですか?

 

カナダやオーストラリアも、留学地の候補には挙がったのですが、子連れということで、近さや予算がセブ留学を選んだ決め手となりました。

学校選びは、自分である程度絞ってみましたが数が多く、最終的にはエージェントに相談して決めました。

子どもたちが過ごす環境にこだわりたく、ビルに囲まれた所ではなく、プールがあり子どもたちが伸び伸びできる場所であること、そして、オーナーさん夫妻が実際にそこで子育てをしているというところに魅かれ、クロスロードに来ることにしました。事前に気になることを相談できたのも良かったです。

 

2.久々に話す英語、緊張のマンツーマン授業。

「自分で話さないと」と思いました。

 

質問③深沢さんは以前ワーキングホリデーの経験があったとのことですが、久々に触れる英語はいかがでしたか?

 

クロスロードの授業は全てマンツーマンです。それゆえ、自分が話さないと授業が進まないので、必死で聞いて必死で話すことを繰り返していました。

 

質問④マンツーマンだとやはりその点がメリットですよね。

今回は親子留学ということで、お子さんたちも授業を受けていらっしゃいましたが、いかがでしたか?

 

上の子2人はグループクラスを受け、1番下の子はベビーシッターさんについてもらっていました。グループクラスはとても楽しそうで、毎日部屋で子どもたちが英語の歌を歌ってくれていました。

途中から長男はマンツーマンの授業も受けるようになりましたが、机に向かう勉強だけでなく、ヴィレッジ内のバスケットボールコートで体を動かすなど遊びの中で英語を楽しく学んでいたように思います。

 

質問⑤深沢ファミリーといえば、金曜日のスピーチクラスでのパフォーマンスが印象的ですが、どうですか・・?

 

そうですね、確かに!(笑)授業の中で先生に英語の曲を教えてもらって、親子4人で練習して覚えました。金曜日のスピーチクラスの際に、他の生徒さんの前でスピーチとともに披露しました。子どもたちにとっても、私にとってもいい思い出です。

 

 

3.このセブの地で得られた経験は期待以上

アクティビティにも全力投球

 

質問⑥本当に深沢さんファミリーはみんな授業や英語学習を楽しんでいた気がします。

生活面はいかがでしたか?

 

来る前は、衛生面やお家の住み心地、交通事情など、子どもがいるからこその不安ももちろんありました。しかし実際来てみると、ヴィレッジにはガードマンが24時間常駐してくれているし、スタッフの皆さんにも色々聞きやすく、不安な思いはなくなりました。

1番気に入っていたのはプールですね。ほぼ毎日ヴィレッジ内のプールで遊んでいました。いい気分転換になったので良かったです。週末にはボホール島に行ったり、ジンベエザメと一緒に泳いだりしたのも忘れられません。

 

質問⑦クロスロードでの生活を目一杯楽しんで頂けたようでとても嬉しいです。

反対に、苦労したことや来る前は予想していなかったことは何かありましたか?

 

それはやはり入院ですね。(笑)今となってはお土産話であり経験の1つですが、家族揃って入院することになり、本当に大変でした。日本でお留守番するはずだった主人もセブまで駆けつけてくれて…でも親子4人だけでなく主人も巻き込んで、この親子留学を家族全員の思い出にできたので結果的には良かったです!

ここからが楽しみです。。

 

 

4.次の目標は、"親子4世代留学"!?

この留学を一言で表すと、「強くなりました」

 

質問⑧海外という慣れない土地での生活や、英語学習にアクティビティ。この2ヶ月を経て、どう感じていらっしゃいますか?

 

この留学生活を終えて1番感じているのは、子どもたちの自立です。滞在中、私自身何度も子どもたちに助けられたと思う場面がありました。

また、クロスロードでは不定期で様々なワークショップがあります。長男のだいちは、「夢を語る」という主旨のワークショップで、「20歳までに世界一周する」という夢ができました。私がこの留学に期待していた「子どもたちに、海外に興味を持ってもらう」という目標はひとまず達成され、大満足です。日本では出会うことのないような大人との出会いができるのも、クロスロードの魅力のひとつですね。

 

質問⑨子どもたちの成長や視野の広がりを毎日肌で感じられるのは親子留学ならではですね。この経験を今後どのように活かしていきたいですか?

 

子どもたちにはこのまま英語を好きでいてほしいので、習い事で英語学習を継続してほしいと考えています。もちろん私自身も継続したいですね。

また、子どもたちには、ワーホリや世界一周へ、どんどん海外に出てほしいので、その壁を壊すために毎年セブへ来たいと思うようになりました。

親子3世代留学をしている方はもういらっしゃるので…私は親子4世代留学を目指そうかな!(笑)

 

質問⑩"親子4世代留学"、めっちゃいいじゃないですか!!ぜひクロスロードで実現してください!では、深沢さんが経験されたこの親子留学を、どんな方におすすめしたいですか?

その方へ一言お願いします。

 

そうですね、親子なら誰でもおすすめです。子どもの成長、セブの土地の魅力、人との出会い、どれをとってもすごく貴重な経験ができると思います。

そして、それを存分に味わうためには、できる限り長期できた方がいいと思います。私たちは2ヶ月でも足りないと思うくらいでした。

 

 

深沢さん、今回はインタビューにお答え頂きありがとうございました。

これからの深沢さんファミリーの将来がとても楽しみです!

 

フォトギャラリー