2020.02.04

【ブログ世界一周】チリ - パタゴニア パイネ・トレッキング 2

Hola, buenas tardes.(やぁ、こんにちは)

スタッフの"326"ことみつる氏です!

 

さぁ、パイネ・トレッキング2日目!
前の日は散々な目にあったのですが...最高にハッピーなこともあり、また疲れもあったせいか爆睡して朝を迎えました。

 

 

Japan → Australia → USA → Mexico → Cuba → Mexico → Guatemala → Mexico → Colombia → Paraguai → Brazil → Argentina → Chile

 

 

早朝、4:30am。

何をするためにこんな早起きをしたかと言うと、前日にも見たトレス・デル・パイネのビューポイントまで行きたかったのです〜

 

目的のポイントへ到着。

だが、ただただ

 

 

 

 

 

 

寒かった

 

 

 

 

 

 

突風が吹き荒れていましたが、しばらくの間このみさんを風上においてダメージを避けていました。

ずっと黙っていたんですけど、これは夫として、そして男としては良くないと悟り、ちゃんと場所は交代しましたけどね 笑。

 

 

ってことでその瞬間が訪れる。

そう、朝陽がトレスデルパイネにかかるその姿を見たかったのです。

 

ただ、僕が最初に抱いた感想は...

 

 

 

 

 

 

 

焼 き 芋 . . .

 

 

 

 

 

 

僕は、焼き芋が好きだったことをその時に思い出した。

一人暮らしの時、スーパーでサツマイモを買い、ラップしてレンジでチンしていたぐらい。

こんな簡単なことで、焼き芋が再現できると知った時はそれはそれは嬉しかった。

 

リアルタイムの今、隣にいるこのみさんに聞いてみた。

 

 

 

 

みつる氏「ねぇ、レンジでチンしたら焼き芋できるって知ってた?」

 

このみさん「知ってるよ、でもそれ蒸し芋だけどね」

 

 

 

 

...そっか、あれ、蒸し芋だったんだ。

 

 

さぁ、気を取り直して2日目を楽しみますよ!

 

 

壮大すぎる景色。

この日の行程は、約8時間のコースとなり、厳しい日になることを泊まっていたキャンプサイトのスタッフに聞いていた。

 

 

突然ですが、"Papel Higienico"って言葉ご存知ですか?

これはスペイン語なんですけど、パペル・イヒエニコって読みます。

 

 

 

 

 

 

イ ヒ エ ニ コ !?

 

 

 

 

 

 

分かってはいます。

それが英語とは違うスペイン語だということを。

 

Papel(パペル)は、英語のPaper(ペーパー)に似ているから、すごく分かるんですけど...

イヒエニコって...

 

その響きから、パペル・イヒエニコだけはすぐに覚えることができた 笑。

 

 

この時から、僕らはトレッキングにハマった。

 

 

空気も、ご飯も、すべてが最高。

少し時間は経ったけど、ここで見た景色や感動は本当に忘れないものになっているんだよね。

 

 

つづく

 

この記事をかいた人

みつる

CROSSxROADのスタッフ。 夫婦で約2年間の世界一周の旅を終え「英語」「海外」「出逢い」の環境がそろった念願の地へたどり着く。 セブの暑さよりも暑苦しい男、日々奮闘中です。