2018.12.27

生徒さんインタビュー!〜3ヶ月の留学を終えたHちゃんのその後〜前編

どうもこんにちは〜

インターンスタッフの"326"ことみつる氏です!

 

クリスマスの時期を終えたフィリピン・セブ。

やっぱり日本の寒い時期のクリスマスに慣れているせいか、あまり実感がわきませんでしたね 笑。

 

それでもやっぱりセブで見かけるフィリピン人のみんなは幸せそうな感じでしたね〜

ということで、来年はセブでフィリピンらしいクリスマスを体験してみたいです!!

 

 

さて、みなさんお待たせいたしました。

今回の記事は...ななななんとっ!!

 

 

 

 

生徒さんインタビュー!〜3ヶ月の留学を終えたHちゃんのその後〜前編

 

 

 

 

皆さん、あのHちゃんを覚えていますか?笑。

入学時にインタビューをして、あれから3ヶ月という時間が経ったんですね...

 

そう、Hちゃんはクロスロードを卒業して新たな道へと進んでいったのです。

いや〜時が過ぎるのは本当に早い!

 

ってことで、前回のインタビュー時に約束した通り、Hちゃんがクロスロード留学を経て一体どんなことを感じたのか?

Hちゃんの本音を根掘り葉掘り聞いちゃいました!

 

それでは気になる本編へ参りましょう!!

 

Hちゃんってどんな人?

年齢:25歳

職業:元 看護師
趣味:音楽鑑賞、アクセサリー作り、カフェ巡り、お酒を飲む
留学期間:3ヶ月(12週間)
コース:スタンダード(50分×6コマ)

 

※前回のインタビュー内で、Hちゃんの詳細プロフィールを紹介しているので記事の内容も含めてまずはこちらをチェックしてくださいね!
【生徒さんインタビュー!〜私、世界一周が目的じゃないんです〜前編】
【生徒さんインタビュー!〜私、世界一周が目的じゃないんです〜後編】

 

 

いつか英語を勉強する!と言っていた夢は叶えられた?

ー前回のインタビューでも聞いた通り、過去の悔しい経験から今回の留学を決断したと思うんだけど。

 

叶えられ...始めました!

というのも、もちろんクロスロードに来て英語学習を始めることはできたんですけど、私の中では「日本に帰ってからが勝負」と思っているんです。

日本に帰国してからケンタさん*1セブカレ*2にまず入って、会員になっているメンバーとオンライン上で英語学習への意欲を高めあっています。

後は、ケンタさんがお勧めしてくれたオンライン英会話スクール"レアジョブ英会話"に入会しました。

幾つかコースはあるんですけど、私は1日1レッスン(25分)英会話レッスンをしています!

 

 

*1 ケンタ(山本建太)

現在スタッフとしてクロスロードを一緒に盛り上げてくれているケンちゃん。

英語学習・フィリピン留学コンサルタント。日系企業で海外営業後、2016年からフィリピンの語学学校で働き、これまでに500人以上の英語学習をサポート。フィリピン留学YOUTUBER”KENTALISH”として、フィリピン留学生向けに留学を充実させるための情報を発信中。

現在は海外起業・新規留学プロジェクト立ち上げ準備中。お風呂が大好き。

 

KENTALISH(ブログ)

Kenta Yamamoto(YouTube)

けんた@セブ留学オンラインカレッジ運営(Twitter)

 


*2 セブカレ(セブ留学オンラインカレッジ)

セブ留学前・留学中・留学後のメンバーが繋がり、英語学習の継続を実現することを通じて、英語を話せるようになるためのコミュニティです。

セブカレでは、ここでしか受け取ることのできない3つの価値を提供します。

 

  • セブ留学前から留学後まで英語の勉強を続けるためのサポート
  • 英語を話せるようになりたいという共通の想いを持つ仲間との繋がり
  • セブ留学を120%充実させるための現地の最新情報と現地での繋がり

 

セブカレ(セブ留学オンラインカレッジ)

 


ーどう?オンラインの英会話レッスンって楽しい??

 

正直なところ、楽しい...というか英語環境に身を置いていないと、どんどん忘れていってしまうので...

「クロスロードでの3ヶ月という長い期間をかけて学んできたことを生かさないとな〜!」と思ったんですよね。

 

 

ーちなみに帰国してからも英語学習を継続している理由は?

 

はい、まずは1年後に予定しているワーキングホリデーに行くことが目先の目標です。

そのために、「習得した英語力をキープしつつ更に伸ばしていこう!」って思っているんですよね。

後はワーホリに行くまでは、日本で宿泊施設のホステルで仕事をするつもりです。

そのホステルはほとんどの利用客が外国から来る方なんですよね!

だから働きながらも英語に触れることができるので、そこでも頑張っていきたいと思っています。

 

クロスロードに英語を学びに来たという選択肢は間違っていなかった?

ーというのも、前回の入学時にインタビューさせてもらったんだけど、その時から「ワーホリに行く」という思いは聞いていてその夢をかなえるためにまずクロスロードで英語を学ぶと言っていたからね。

 

もちろんです!クロスロードに来ると『英語以外のことも経験できる』ってみんな言うけど、「実際に留学を終えてみて本当に英語以外のことをたくさん学べたな〜」って実感しています。

とにかく生徒さんが開催してくれたワークショップですね!

色々なバックグラウンドを持った他の生徒さんたちが、それぞれの経験をシェアしてくれたことで自分にとってものすごい刺激になりました。

実際そういった時間の中でケンタさんのセブカレやオランイン英会話スクールのことを知ることもできたので。

 

 

ーここクロスロードには本当に色々なタイプの生徒さんがいるもんね。

 

そうなんですよね。ワークショップもそうですけど、普段の生活の中でたくさんの生徒さんたちとコミュニケーションをとってきましたが、なんか...みんなズレている(良い意味で変わっている)じゃないですか?。

「ズレているけど、意識高い!」みたいな 笑。

 

 

ーズレているけど、ブレていない...みたいなね 笑。

 

みんな自分をしっかり持っているし、面白い人たちばかりでしたね。

もう...全員良い人で悪い人なんて一人もいなかった!

「とにかく色々な考えを持っている人たちがいて、人生を楽しんでいるな〜」という印象を受けましたね。

 

 

入学時に話してくれた目標は達成できた?

ー『英語力を伸ばして海外や日本で会う外国の方とコミュニケーションをとれるようになりたい!』って言っていたけど...これはかなっているよね?英語力もそうだし、実際に帰国してからもホステルに勤めようとしていて自らコミュニケーションをとる場に飛び込んでいるしね!

 

はい!改めて言うなら...「目標はかないましたが、クロスロードはゴールではありませんでした。」

もちろん他の生徒さんもそうだと思いますし、ここは一つの通過点だと思っています。

それに入学時に話していた日本人の友達も作りたいという目標もかなえられましたしね!

当たり前ですけど、まさかこんなにも楽しい学校生活になるとは想像もできませんでした 笑。

 

 

はいっ!ということで全編はここまでになります 笑。

気になる続きは、また後編ということでアップしますね!

 

それにしても、Hちゃんらしい観点の素敵な話を聞くことができましたね。

当たり前ですが「Hちゃんがこんな経験をしてそんなことを感じるようになるのか〜」と前回のインタビュー時は全く想像もできませんでしたね。

 

とにかく続きが気になるっ!!笑。

ということで次回をお楽しみに〜

 

それではまたっ!!

 

 

この記事をかいた人

みつる

CROSSxROADのスタッフ。 夫婦で約2年間の世界一周の旅を終え「英語」「海外」「出逢い」の環境がそろった念願の地へたどり着く。 セブの暑さよりも暑苦しい男、日々奮闘中です。