2019.04.26NEW

フィリピンに長く住むとできるようになること

こんにちは。

クロスロードのスタッフのまゆみです。

 

先日、出先のトイレに並んでいたところ、前に入っていた韓国人の子に

「No water!!」

トイレが壊れていて、水が出ない! と言われました。

 

入ってみて、まずはトイレのタンクを開けました。

中を見てみると、水は溜まっている様子。

ということは、水道管やゴムフロートの問題ではなさそうです。

レバーとゴムフロートをつなぐ鎖が外れていたので、付け直したら問題なく流れるようになりました。

 

フィリピンのトイレが簡単な造りというのもありますが、トイレに限らず、日常生活ですぐにものが壊れるフィリピンでは、簡単な修理やメンテナンスは毎日のように発生するので、すぐに対応できるようになります。

 

 

家を借りた時には、夫が「念のため」と鍵を新しいものに付け替えていました。

 

できれば何も壊れて欲しくないですが、自分でいろいろできるようになるのは良いのかもしれないですね。

この記事をかいた人

まゆみ

CROSSxROADスタッフ。ヨガとインド舞踊に魅せられて25歳でインドひとり旅へ。結婚後、夫婦で無期限新婚旅行へ。旅の途中CROSSxROADでの留学やオーストラリアでのワーホリを経験。2年10ヶ月の旅の後、CROSSxROADスタッフに。ヨガインストラクター/南インド古典舞踊バラタナティアムダンサー