2019.05.02

セブの誕生日会はちょっと規模が違う???

昨日、息子のお友達のお誕生日会にお呼ばれしてして行ってまいりました。

 

日本の子どもの誕生日も、ママやパパが一生懸命準備をしてお友達をもてなすのが主流かともいますが、セブのはかなり盛大です。

 

ジョリビーのパーティスペースを貸し切って

モールの遊び場を貸し切って

そんなのが当たり前なのです。

 

そして今回お呼ばれした先にあったのはこの写真の遊具。

中に空気が入っているあれです。

 

子どもたちはみんなこの遊具に夢中。

おかげで大人たちはゆっくりおしゃべりできました。

 

こんな遊具や、食事など手配されたご両親には頭がさがります。

 

おかげで、うちの息子はたくさん遊ばせていただきくたくたになって早く寝てくれました。

 

「僕の誕生日会、、、」と言い出さないことだけを願っています。

 

 

ちなみに、フィリピンでは大人になっても誕生日の人が周りの人をもてなす習慣は変わりません。日本では、周りの人が今度はお祝いするようになるので逆ですね~。

 

 

 

 

この記事をかいた人

ミユ(岡本未幸)

旅人達の英会話スクールCROSS×ROAD代表 ごく普通の人生を歩んできたつもりがブラック企業から離れるために30歳で、世界放浪の旅に出てそのままセブ島にてCROSS×ROADを設立。今は2人の子どもを育てながら親子留学と日本語による文法クラスを担当。 最近始めたことはダイエット目的のムエタイと子連れの旅。しばらくは日本国内とフィリピン国内をせめる予定。子連れバックパッカーになる日も近い!?