2019.07.10

伝説の旅日記「おもしろそうだからやってみよ。」73rd Try 〜 76th Try

【伝説の旅日記を公開】

若かりし頃にアジア1人旅をしたダイスケは、旅の後、『そうだ、旅の経験を文章にして、たくさんの人に読んでもらおう』と思い立つ。時代を読むセンスがあればブログを書いていたと思うのだが、スーパーアナログ人間ダイスケは、『そうだ、電車の中で読んでもらおう♫』と、書いた旅日記を印刷し、駅で配るという行動に出る。『アジア1人旅、旅日記を書いています。よろしければ読んでみてください!!』と駅前で声を張り上げ、4年という期間(旅は1年ちょっとなのに)をかけ、意地で書ききった当時の自分を、僕は今、、、あまり思い出したくない(笑)

【 過去記事はこちら 】

1st Try 〜 4th Try 

5th Try 〜 8th Try

9th Try 〜 12th Try 

13rd Try 〜 16th Try

17th Try 〜 20th Try 

21st Try 〜 24th Try

25th Try 〜 28th Try 

・29th Try 〜 32nd Try

33rd Try 〜 36th Try

37th Try 〜 40th Try

41st Try 〜 44th Try

45th Try 〜 48th Try

49th Try 〜 52nd Try

53rd Try 〜 56th Try

57th Try 〜 60th Try

61st Try 〜 64th Try

65th Try 〜 68th Try

69th Try 〜 72nd Try

 

73th Try

 

今日まで1週間一緒に旅行してきたハインを見送り、

これから俺が向かおうとしてんのが「ミッチーナ」っつ~街。

 

そこは、今いるミャンマーで2番目にでっけぇ「マンダレー」っつ~街から、

電車で24時間くらい北上していったところにあるらしい。

 

「なんでそこに行こうと思ったの?」って?

 

う~ん、、、 

 

だって、ハインがオススメって言ってたから。

 

 

俺ミャンマーに来ときながら、

この国の事、なんも知らねぇからさ、

行きたい場所とか無いんだよね。

 

だって、どこに何があるかわかんねぇし。

 

マジ2週間前まで、

ミャンマーの街の名前すら、1個も知らなかったからね(笑)

 

だから、オススメって言われたらね~、

とりあえず、、、 

 

行ってみよっかな、って思うっしょ?

 

 

宿をチェックアウトして数十分。

 

無事に駅に着いて、ホームの場所を聞くために、

昨日買っといたチケットを駅員さんに見せたんよ。

 

そしたらさ、なんだろ? 外人は特別扱い?

 

ご親切に席まで案内してくれんの。

 

しかも、英語だと普通なのかもしんねぇけど、

 

「Sir(サー)」とか呼ばれちゃって、、、

 

まぁ気分良いよね(笑)

 

 

久々にお客さん扱い受けたらさ、

なんかすげぇVIPな気持ち。

 

でさ、もう気持ちがVIPになっちまってっから、

英語ペラペラぶってさ、

 

「Ah~han」

 

とか

 

「O~K~、Thanks」

 

とか言って格好つけてたんだけど、

 

俺の席って、、、

一番安い、

 

「背もたれがほぼ直角の木の席」

 

なんだよね。

 

ぷっ、超~庶民。

 

さすがの俺もさ、

すぐに全く格好付いてないって悟ったよね。

 

だから、席まで連れて行ってもらったら、

駅員さんに心から「チェズテバレー(ありがとう)」 つってバイバイした。

 

そんで、荷物を上の棚に置くと、

これから約24時間お付き合いする事になる

「背もたれがほぼ直角の木の席」に座った。

 

 

う~ん、、、これは、、、

 

姿勢良くなりそう、、、。

 

さて、出発までまだ大分時間があるし、どうすっかな、、、。

とりあえず周りが俺の崩れたアフロを超~観察してっからなぁ、、、 

 

よし、、、 

 

観察返し!!

 

ほとんどのミャンマー人さんが身につけてる「ロンジー(腰巻)」は、

似てるようでどれも違った柄で、見てて飽きねぇ。

 

派手な柄でお洒落に決めてる人、

地味だけど自然な着こなしの人、

裸にロンジーだけの自然過ぎる人。

 

下がったズボンを上げるような感じで、

ロンジーを巻き直す仕草を見てると、

丈の長さもそれぞれが自分の好みに合わせて、

その都度調節してるみてぇよ。

 

一番多いのが足首くらいまで隠すタイプかな。

 

女性はほとんどこれ。

さすがにミニスカートチックな人はいねぇなぁ(笑)

 

たまに見かける男の7分丈も悪くねぇ。

荷物をたくさん持ったり、運搬的な仕事をしてる人は

4~5分丈くらいまで上げてる人もいる。

 

うん、動くにはそんくらいが良さそう。

 

例の自然過ぎる人は上げ過ぎてほぼフンドシ状態。

まぁ暑いしね(笑)

 

色んな使い方ができそうだし、

自分好みの柄を探すのも楽しそう。

 

しかも、

 

あれノーパンで穿いたら絶対超快適っしょ!?

 

欲しいかも。

 

 

窓越しに声を掛けてくるのは物売りさん。

 

弁当、水、果物、葉巻、噛みタバコ、、、

いろんな売り物を頭に載せた物売りさんが、次々に声を掛けてくる。

 

ホームには、売り物を広げて、

がっつり店を開いてるおばちゃんもたくさんいる。

 

その店と電車の間を何度も往復し、

出前をする子供もいる。

 

高い電車の窓に向かって

一生懸命腕を伸ばしてお金を受け取る子供たち、、、 

 

あぁ、PSP買ってやりてぇ。

 

 

あぁ、おもしれぇ。

見てて全く飽きねぇ。

 

これマジでいつまででも見ててぇかも、、、

 

 

椅子が快適だったら。 

 

 

やべぇ、早くもケツが、、、まだあと24時間座るのに。

 

 

ほぼ満席の列車内で、

出発時刻になっても俺の隣の席はまだ空いてる。

 

さっき駅員さんが俺をこの席に案内してくれた時に、

俺の隣の席を指さして「Foreigner(外国人)」って言ってたから、

たぶん外人が来るんだろうけど、、、。

 

 

別に知ってる奴が来るわけじゃないから、

気にしなくても良いんだけどさ、

出発時間も過ぎてるし、なんとなく気になっちゃうよね。

 

どんな奴が来んのかなぁ~、、、

 

「ニホンジンデスカ?ワタシハイングランドデス。ニホンゴベンキョウシマス。ヨロシクオネガシマス。」

 

「おぉ、日本語喋れるんだ。すげぇ嬉しい。よろしく~。」

「一人で旅行してるの?」

 

「ソウデス。オトウサンハ、オンナヒトリハアブナイ、イイマシタ。デモ、ワタシ、ヒトリヤッテミタカッタデス。デモチョットサミシイ(笑)」

 

「そっかぁ~」

 

「モシヨカッタラ、イッショニ トラベリング シマショウ。」

 

日本語がしゃべれる金髪のヨーロッパ系美女っつ~、

自分に超都合の良い展開を妄想してると、

慌て気味の駅員に案内されて

超でっけぇバッグを持った金髪の外人さんがやってきた。 

 

なんだよ、男かよ、、、

 

 

どうやら、彼待ちだったらしく、

彼が来たのと同時に列車は出発した。

 

男だった事にがっかりしすぎたのか、

彼が独特な雰囲気を持っていたからか、

なんとなく挨拶するタイミングを逃してしまった。

 

たぶんこれから24時間一緒だし、

目的地も一緒だろうから、仲良くなりたいんだけどなぁ~、、、。

 

勝手に気まずい思いになっていると、彼はかばんから袋を取り出し、

ものすごい勢いでその中のヒマワリの種を食べだした。

 

それを横目で見て、気まずいながらにこう思ったんよね。

 

うわっ、めっちゃヒマワリの種食ってる、、、

 

 

 

数十分後、

彼は相変わらずヒマワリの種を食ってる。

 

ふと、彼の前に座っているミャンマー人さんが葉巻に火を点けた。

 

電車の中でも禁煙って雰囲気は無く、

タバコ好きの俺にとってはかなり有り難い。

 

なんか気まずいし、俺も葉巻でも、、、

 

「FUCK !!」

 

 

ドキッ!!

 

彼はそう叫ぶと、

ミャンマー人さんの葉巻を取り上げ、火を消し、窓から捨てた。

 

そして煙を手で払いながら、めちゃくちゃ早い英語で、

ミャンマー人さんに怒鳴りつけてる。

 

ミャンマー人さんはポカーンとして何が起きたのかわからなそう。

 

周りもびっくりして、立ち上がってこっちを見ている。

 

一通り言いたい事は言ったのか、

彼は再びヒマワリの種を食いだした。

 

それを横目に見て、更に気まずいながらにこう思ったよね。

 

うわっ、めっちゃ怒ってるけど、

やっぱめっちゃヒマワリの種食ってる、、、

 

 

 

いやぁ~しかし、、、超~ビビッた、、、。

マジあっぶねぇよ。ホント良かったぁ~、、、

 

俺が先に吸わないで。

 

 

 

俺あんなに攻められたらマジで泣いちゃうもん。

 

しかし、えらい気難しい奴が来ちまったなぁ。

 

この感じ、、、

 

只でさえケツが痛ぇのに、

あと23時間以上も耐えられっかなぁ、、、。

 

 

数時間後、

ある駅に着くと、彼は窓越しに物売りさんからマンゴーを2つ買った。

そして、彼は俺に話しかけてきた。

 

「Can you speak English ?」

 

「あ、う~ん、、、ア リトル、、、。」

 

「Do you have a knife ?」

 

「ナイフ?ノー、アイ ドント ハブ。ソーリー。」

 

「、、、OK」

 

 

もうビビってたからさ、これ以上ないくらい不機嫌なOKに聞こえて、

「ミッチーナ」に着いたら絶対ナイフを買おうって思ったよね(笑)

 

 

この時はさ、彼と仲良くなれるなんて、

これっぽっちも思って無かったけど、、、

 

 

まぁ、いろいろあっておもろいやね。

 

 

つづく。

 

 

 

74th Try

 

ウトウト、、、

 

ウトウト、、、

 

んん~、、、

 

ふぁ~ぁぁあ~あ。

 

あぁ~、ケツ痛ぇ、、、。

 

あれ、、、

 

いつの間にか暗くなってんじゃねぇか。

 

列車で「マンダレー」を出発して何時間経ったかな?

 

硬い木の椅子に、俺のおしりちゃんが悲鳴をあげてる。

 

しばらく寝れてたみたいだけど、

背もたれはほぼ直角だし、ケツは痛ぇし、

もっかい寝ようと思ってもなかなか寝付けねぇ。

 

隣を見ると、アメリカ人の「ナフ」が

窓枠をうまい具合に枕にして、気持ち良さそうに寝てる。

 

くそぉ、窓際うらやましいぜ、、、。

 

 

「ナフ」が隣の席に乗ってきた時、

なんか独特な雰囲気があってさ、挨拶しそびれちゃったんよ。

 

それで、ただでさえ気まじぃのにさ、

ミャンマー人さんが葉巻を吸ったら、ナフがいきなり

 

「FUCK」

 

とか言ってキレたりすっから、超ビビッてたんよ。

 

でも、名前聞いたら

「俺はナフターリン。ナフでいいよ!!」

とか言うから、その瞬間おもしろくなっちった(笑)

 

防虫剤、、、

 

あ、いや、よろしくね!!ぷっ。

 

 

マンダレーを出発してから、ずっと気まずくて、

なんかすげぇ微妙な気分だったんだけどさ、

挨拶できたことで大分気は楽になったな。

 

ケツは辛れぇけど、、、。

 

お!? 駅に着くみてぇだな。

うし、ちょっと外で一服してくっかな、、、

 

 

 

、、、。

 

 

ん?

 

 

!?

 

わぁ!?

 ちょっと待っ、、、

え!?

 ちょっ!?

 

 

ハンパ無ぇ、、、。

 

全っ然一服どころじゃねぇから(笑)

 

 

駅に着いたかと思ったら、車両の前後はもちろん、

窓からもじゃんじゃん人が乗って来んの。

 

もうあっちゅ~間に大パニック。

 

席はもうほとんど埋まってっから、

みんな少しでも良い場所を確保しようと必死なんだろうね。

 

起きたナフは、

その光景を見て「Crazy」的な事を呟きながら苦笑い。

 

俺は何故かその場の流れで、

窓から乗って来る人を引き上げてる。

 

おっちゃん、おばちゃん、女の子、、、

5~6人くらいは釣り上げたかな(笑)

 

 

しかもみんな荷物も多いからさ、

上の棚に全っ然乗りきらねぇんよ。

 

それで、「そこは私の場所」とか、

「先に置いたもん勝ち」みたいな感じで、

あちこちで荷物置き合戦も始まった。

 

席の上に立ち上がって、

掴み合いになってる人もいる、、、

 

まぁ、見てるのはおもしれぇんだけど(笑)

 

パニックが落ち着いて、

列車が出発する頃には通勤ラッシュばりの混み具合になってた。

 

もう、ぎゅうぎゅうよ。

 

でも、通勤ラッシュと違ぇのがさ、

みんな座りこんじゃってんだよね。

 

 

もう通路もびっしりでさ、歩くスペースなんか無ぇから、

物売りさんも、トイレ行く人も、、、

 

みんな肘掛の上を歩いて行ってるもん(笑)

 

目的地の「ミッチーナ」まではまだ15時間以上。

こりゃファンキーだわ、、、。

 

夜も遅くなってくると、

床に座ってる人達も寝に入る態勢になってきた。

 

ぎゅうぎゅうの車内で、

みんな少しでも楽に寝れる態勢を探してる。

 

その結果、、、

 

俺の足の間には

綺麗なお姉さんが俺の足を枕に、

 

肘掛に座ったかわいいお姉さんは

俺の肩を枕にして

 

おやすみになられました、、、。

 

 

ドキドキして眠れません。

眠れませんけど、、、 

 

 

夢のようです。

 

 

やっぱり旅の醍醐味は 「ふれあい」 ですよね。

女の子がおっちゃんだったらと思うとゾッとするけどね(笑)

 

 

翌朝、寝不足とケツの痛みで、ダルダルだった俺を

「旅ってやっぱ素敵ドキドキ」

っつ~テンションに戻してくれる超カワイイ光景を目にした。

 

 

数十分前、

車内で物売りさんが花を売りまわってる時は、

なんであんなに売れるのか全く分からなかった。

 

いや、今、花とかいらねぇ~し、、、って感じ。

 

でも、かなりの人が買ってるから、気にはなってたんよね。

 

その後、

ある駅に着いて、数分間止まって出発した。

 

出発すると同時に、さっき花を買った人達が窓際に集まって来て、

外にむかって花を投げだした。

 

 

何かと思って外を見ると、

こっちに必死に手を振るミャンマー人の女の子がたくさん。

 

なんか結婚式のブーケトスみてぇ。

 

 

景色と一緒に後ろに流れていく

彼女たちの歓声が、めっちゃ心地いい。

 

 

何の習慣か知んねぇけど、

車内も外も、みんなの幸せそうな顔が超素敵。

 

癒された~。

 

 

列車に乗って約25時間半。

 

 

着いたぁぁあ~!!

 

 

ケツが痛ぇとか、お尻が痛い事、

ヒップに感じる痛みなどなど、

 

いろいろ大変でめっちゃ疲れたけど、

なんとか無事に「ミッチーナ」に到着した。

 

到着した今となっては、

この25時間半全部が楽しかったような気がする。

 

木の椅子で丸一日を過ごした

っつ~武勇伝ができた事もうれしいし、なんか、俺って、、、 

 

変なの(笑)

 

 

相当キツかったのに、「もう懲りた。」 なんて全然思わねぇの。

逆にもっと長時間でも挑戦してみたいくらいだもん。 

 

俺、、、 ドMだったみたい。

 

列車の中ではそんなに話さなかったんだけどさ、

部屋をシェアすると安くなるからっつって、

ナフと一緒に宿探しをする事になった。

 

駅の近くで見つけた宿は、

旅行者向けの宿っぽかったけど、ちょっと高かったからやめた。

 

2件目に見つけた宿は、

信じられないくらい安くて良かったんだけど、

外国人は泊まれないらしい。

 

なんでか知んねぇけど、

まぁ泊まれねぇもんはしょうがねぇよな。

 

ナフはハンパ無ぇキレてたけど(笑)

 

ちょっとがっかりしたけど、

3件目がすぐに見つかった。しかも安い。

 

「外人は、、、?」 

 

「OK !!」

 

 

良かったぁ~、、、

 

 

 

 

ナフの機嫌が直って。 

 

 

怖ぇんだもん。笑

 

 

 

シャワーを浴びてさっぱりした後、

ナフと散歩に出掛けた。

 

街に沿って流れる大きな川。

陽が落ちた直後の雰囲気がなかなか幻想的で良い。

 

そこでギターを弾きながら歌っている3人組を見つけたんよね。

近づいて行ってみると、聞き覚えのある曲を弾いてる。

 

「Change the world」

 

こんなとこで自分が知ってる曲聴けるなんて思って無ぇから、

嬉しくてつい歌っちゃったんよね。

 

そしたらねぇ、そいつらと仲良くなっちゃった。

 

 

 

ナフが。

 

間違いなく俺がきっかけなんだよ。

けどさ、2曲目以降、俺が知らないのばっかなんだもん。

 

ナフはほとんど知っててさ。

 

だから、最初の曲は盛り上がったけど、

あとは楽しそうな4人を横目にいじけてたよね(笑)

 

まぁでも、楽しそうなナフを初めて見てさ、

「こいつ実はかなり良い奴なんだな」

って確信できたのは良かったかな。

 

なんか仲良くなれる気がしてきたもんね。

 

 

夜は宿の近くのビアーバーで語り合った。

 

高校、大学と飛び級で卒業した天才で、

煙草嫌いで、ベジタリアンで、

ビアーバーで水を飲むような奴で、

俺とは正反対すぎて超気を使うけど、まぁ一緒にいておもしれぇ。

 

 

これから何日一緒にいるかわかんねぇけど、楽しくなりそうだ。

また新しい出会いに感謝だな。

 

 

翌日、今日はナフとは別行動。

俺はここでの目的でもあった、バイクでのツーリングに行く。

 

数十キロ行ったとこにある

「ミーソン」っつ~ところが素敵らしいんよ。

 

だけど、道とか知らねぇから、

ちょっとした探検気分だよね。

 

「ミーソン」に着くも良し、

見知らぬ場所に迷い込むも良し。

 

ちょっとワクワクするでしょ?

 

バイクを借りて、いざ出発じゃ!! 

 

Let's GO~ !!

 

 

1分後、、、 

 

ノーヘルで白バイに止められた。

 

あれ?

これ、なんか、、、やばい???

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

75th Try

 

ブォ~ン おっと、

 

ガチャン ブル~ン ぅわっ、

 

ガチャン ブルル~ン、うぉ!?

 

「Hey hey !! '&%#'#%#%$$ ??? 」

 

「えっ!? 何?」

 

 

3段ギアのバイクで、ギアを変えるたびに

ガックンガックン しながら宿を出発して1分。

 

お巡りさんらしき2人組に止められた。

 

運転が下手っくそなのはともかく、

俺、ノーヘルな上に、国際免許証も持ってないんよ。

 

うわっ、やっべぇ、、、。

 

止まるなり、2人のお巡りさんは

ミャンマー語で何やら話しかけてきた。

 

俺の頭を指差しながら怒ってるこの感じからすると、、、

「なんでヘルメットしてねぇんだ?」

 

 

「どこでパーマあてたんだ?」

 

的な事を聞いてるに違いねぇ。

 

これはまじぃぞ。まじぃぞ、これは。どうすっかな、、、 

 

あ、そうだ!!

 

何ヶ月かアジアを旅行した

俺の経験が導き出した答え。

それは、、、

 

必殺、

 

「日本語しか喋らない作戦」!! 

 

「え?なんですか?」

 

「 &%$###%$#')(&$ !! ヘルメット? ユー、ノー ヘルメット?」

 

「え?このアフロ?

これねぇ、初回は特別っつって、1万円でやってくれたよ。」

 

「 &%&'$'%)&%,,,,,, OK,sir,,,,,, passport please ? Passport !! 」

 

「床屋でやったよ。

うん、お洒落アフロっつ~より、昔のヤンキー風って感じかな。」

 

何を聞かれても、

とにかく日本語だけを喋り続けるんよ。 

 

そしたら、、、

 

「 %$#&%''(& $#&%' %$# '&% ,,, ,,, ,,, ,,, 」

 

言葉が通じない事で

完全にめんどくさくなった感じの2人のお巡りさん。

 

二言三言2人で話すと、手で「行け」の合図が出た。 

 

「は~い。ど~もで~す♪♪」

 

 

作戦大成功!!

 

 

ふぅ、お巡りさんゆるくて助かったぁ、、、 

完全に俺が悪りぃもんな。

 

 

お巡りさん、なんかごめんね。

もうしないから、今日だけ見逃して(笑)

 

カチッ、 プシュシュ、、、 ブルル~ン!!

 

エンジンを掛けると、白い雲が綺麗な晴天の中、

ノーヘルでタンクトップっつ~超気持ち良い格好で、

またバイクを ガックンガックン させながら出発した。

 

目指すは「ミーソン」ってとこ。

 

今いる「ミッチーナ」に流れているなんちゃら川の上流にあって、

二つの大きな川が合流している場所らしいんよ。

 

っつ~事で、まず川に行った、、、

なんちゃら川は左から右に流れてる、、、 

 

とりあえず左だな、、、

 

数十分走って

運転に慣れてくると、道は未舗装になった。

 

悪い道を運転するのが逆に楽しく、

未舗装路が周りの緑とマッチして景色もかなり良い感じ。

 

道があっているのか分かんねぇっつ~のもおもしれぇし、

日差しと風も超~気持ち良くて、マジで最高に良い気分。

 

あぁ、、、生きてるって感じがするぜ!!

 

 

 

不思議だなぁ。なんでここなんだろう?

 

ツーリングなんてやろうと思えばどこでもできんのに、、、

自然の綺麗な所だって他にも超いっぱいあるし、、、

 

でも俺は、ここに来たから知ったんだよなぁ。

 

こういう素敵な事。

 

ここに来なかったら、自然の中をバイクで、

しかも一人で走ろうなんて思わねぇもんなぁ、、、

 

やっぱ自分で動いてっから、新しい何かに出会えてんのかなぁ。

 

なんか楽しい事起きねぇかなぁ~って、待ってたってダメだな。

 

自分から動きだしたらこんなにあるんだもんなぁ~

 

楽しい事って。

 

 

手を振って来るガキんちょに

「タッター(バイバイ)」って言って手を振り返したり、

 

分かれ道をテキトーに行ったら行きどまったり、

 

行きどまった先に素敵な景色が拡がってたり、、、。

 

 

過ぎていく時間、流れていく光景全てが素敵に感じてさ、

いろいろな事を考えんだよねぇ。

 

まぁ、ちょっと浸りすぎちまってさ、、、

泥にハマってコケましたけどね(笑) 

 

ひざ下、ドロッドロ、、、。

 

 

 

でも、ほんと自然の中で

時間に縛られないで走ってるとさ、いろいろ考えるんよ。

 

今まで自分と向き合う事なんてほとんど無かったからさ、

旅をしてる中で、こういう時間を過ごせるっつ~のも、

最高に有意義な、、、 

 

 

あぁ~、足痛ぇ!!

 

 

泥が乾いてパリパリになった足で運転していると、

前方に信じられない物が見えてきた。

 

え!? マジ? 

 

 

あれって、、、 

あのおしりって、、、

 

やっぱり、、、 

 

 

ゾウさぁあん!! 

 

しかも少年が乗ってるぅぅう!!

 

 

はっはっはっは(笑)

すげぇ、本物だ~。

 

リアル象に乗った少年じゃねぇかぁ!!

 

 

 

ゾウさんを抜かしてしばらく行くと、

喫茶店チックなお店を見っけた。

 

おっしゃ~、

足に加えてケツも痛くなってきたし、ちょっと一服しよ~っと。

 

バイクを置いて店に入り、

プラスチックの椅子でジュースを飲みながら葉巻を吸う。

 

プハァ~、美味すぎる!!

贅沢じゃぁぁああ!! 

あ、そうだ、、、

 

 

たまにはデジカメちゃんも使おうと思って、

外の景色を撮ってみた。

 

そしたら、店のおばちゃんがカメラに興味津々になってさ。

 

撮ってあげるって感じにジェスチャーしたら、

めっちゃ近くまで来んの(笑)

 

たぶんレンズが小さいから、

近くに来ないと入らないと思ったんじゃねぇかな。

 

おもしれぇから、そのまま動画にしてみたのね。

 

案の定ずっと止まっててさ、いつ終わるの?みてぇな感じで困ってんの。

 

そんで、

あとで一緒に見てめっちゃ笑ったよね。

 

デジカメちゃんグッジョブ!!

 

言葉とか全然わかんねぇけどさ、

一緒に笑えるってやっぱ最っ高楽しいわ。

 

ちょっとして、

さっきのゾウさん来たからさ、ばっちり写真に撮ったんだけど、、、

 

はっはっは(笑) 

何回見ても笑えるわ。

普通にゾウさんが道歩いてんだもん。

 

結局、

超~マイペースで120~130キロくらいツーリングしたんよ。

バイクを置いて散歩もいっぱいしたし。

 

昼を大分過ぎて着いた「ミーソン」も

素朴ですっげぇ素敵だったけど、もう宿出てから全部が最高だったね。

 

ちょっとした事がすげぇ幸せに感じるもん。

マジ超すがすがしい一日だわ。

 

行きに手を振った子供が覚えててくれてさ、

帰りは更にハイテンションで手振ってくれんの。

人数も増えてるし(笑)

 

もう、最っ高!! 

 

「タッタ~!タッタ~! タァッタァァア~!!」

 

 

ゴクゴクゴク、、、 

プッ、、、ハァ~!!

 

あ~、最高な一日を締めくくる生ビールも最高だねぇ~。

 

良い雰囲気の綺麗なバーでさ、

タキシードチックな服のスタッフがいて、

店の奥にあるステージでは、

若い歌手?が交代でライブをやってる、、、

 

ぷ、なんかゴージャスぅ!! 

 

宿は300円、メシは50円みたいな生活してんのに、

もう気分がゴージャスだからさ~、

 

ビールのつまみに、

メシより高けぇミックスナッツ頼んじゃった。

 

帰りには、格好付けてさ、

チップみたいな感じでおつりも置いてきたけど、、、

 

きっと明日になれば50円のメシを45円に値切るんだろうな(笑)

 

宿に戻ると、

ルームメイトのナフも丁度戻ってきた。

 

「Dai, what will you do tomorrow ?」

 

「アイ ゴー 『バーモ』。 アンド ユー?」

 

「Me too. How do you go ?」

 

「メイビー、、、ピックアップトラック。アンド ユー?」

 

「Hitch-hike !!」 

 

「ヒッチハイク!? おぉ~、クール!! ハウ ナイス!!」

 

 

格好良いな、、、 

 

俺もやってみよっかな、、、

 

いや、でもやっぱ怖ぇな、、、。

 

いや、でもおもしろそう、、、。

 

いや、でも、、、

 

 

 

 

つづく

 

 

76th Try

 

お、車来た、、、

 

どうしよ、えっと、、、 

 

どのタイミングで手挙げよう、、、

 

あ、なんか目あった、、、

 

うわっ、気まずっ、、、 

 

あぁ~、行っちゃった、、、。

 

 

 

次の町「バーモ」を目指すんでさ、

初のヒッチハイクに挑戦してんだけど、、、

 

どうもビビッちまってて、、、

車が停まってくれないどころか、手も挙げらんねぇ(笑)

 

はぁ、、、だめだ、勇気が出ねぇ、、、 

ナフの方はもう捕まったかなぁ~、、、。

 

 

数百m先では、

アメリカ人のナフがヒッチハイクをしてる筈なんだけど、

もしかしたらもう既に誰かを捕まえて、

「バーモ」に向かってるかもしんねぇ。

 

だって、「ヒッチハイクとかした事あんの?」 って聞いたらさ、

「Almost !!(移動時はほぼ毎回)」とか言ってたからなぁ、、、

 

慣れてんだろうしなぁ。

 

ナフとはここ「ミッチーナ」に来る電車の中で会ってさ、

安くなるからっつ~ことで、部屋をシェアしてたんよ。

 

そんで、「バーモ」に行くタイミングがたまたま一緒だったから、

一緒に宿をチェックアウトして、最初はヒッチハイクも一緒にしてたんよ。

 

でも、「2人だと難しいかもね」っつ~事で、離れたんだよね。

 

俺は2人の方が良かったし、自信あったんだけどさ、

どう説明していいかわかんなくて、、、

 

 

だってアメリカ人って

「猿岩石」知らないじゃん(笑)

 

 

 

まぁ実際は、俺ヒッチなんてした事ねぇから、

マジで捕まんねぇの俺のせいかもって思ってさ、

離れた方が気楽っちゃあ気楽だったんだけどね。

 

でも気楽になったからって勇気がでるわけじゃ無ぇじゃん?

だから、時間ばっかり過ぎてくよね。

 

2~30分くらい、マジで何もできないでいるとさ、

さすがにこれはダサすぎるって思って、、、

 

「なんにせよ、バーモの行き方わかんねぇんだから、ヒッチするしか無ぇんだ」

っつってなんとか勇気を出して、手を挙げるようにしたんよ。

 

 

でもさ、人間そう簡単に変われないよね。

 

車が近付いてきてさ、一応手挙げてんだけど、

ドライバーと目があった瞬間、、、

 

目逸らして

伸びとかしちゃうよね、、、。

 

 

ぅ~んんんっ、、、あぁ~、太陽気持ち良い~!! みたいな(笑)

 

 

あ~だめだ、、、

やっぱヒッチハイクなんてできる気がしねぇ、、、 

 

どうしよ?

 

マジでそう思ったんだけどさ、なんだろうね?

なんだかんだ、なんとかなっちゃうもんだね。

 

ちょっとしたら「ピンウーリン」の時みてぇにピックアップトラックが来てさ、

試しに「バーモ?」って聞いたら、「バーモ、バーモ!!」つって、

どうやら本当に「バーモ」行きらしいんよ。

 

うぉ~、超~ラッキ~!!

 

 

「ブッラウレ~?(いくら?)」  

「4000kyat(約300円)」

 

「3000?」

「No !! 4000 !!」

 

「ははは(笑) OK~ !!」

 

 

まぁ一応軽く値切ってはみるけどねぇ、、、 

 

倍の値段でも乗るよね。笑

 

 

 

いやぁ~、どうなっかなって思ったけど、

なんとか「バーモ」に行ける事になってホッとしたわ。

 

今回は、ばっちり座席もあるし、天気も良いし、こりゃ快適だ~!!

 

安心したら一服したくなってさ、

吸っていいか聞いたらOKっつ~から、

端っこの席で、葉巻を吸いながら景色を楽しんでたんよ。

 

そしたら、先の方で歩いてるナフの背中が見えたの。

 

お!?まだいたんだ。

 

「お~い!!ナフ~!!」

 

荷台でお金を集めてる気の良いお兄さんに、

「マイフレンド!!」 って伝えると、ナフの横で停めてくれた。

 

「ハ~イ、ナフ~!!」

俺がナフに呼び掛けると、気の良いお兄さんも横から、

 

「You go バーモ? Come on please, Sir !!」

っつって呼び掛けてくれた。

 

「English ? a little.」って言ってたお兄さんが、

分かる範囲で丁寧に喋ろうとしてるのを聞いてさ、

なんかいいな~って思ってたんよ。

 

相手を立てる姿勢っつ~の?

ほら、今まで行ったとこでは、そういうの見かけなかったからさ。

 

そしたらナフの奴、、、

 

「Dai. How much you paid ?(お前いくら払った?)」

 

「4000kyat だよ!!」

 

「OK !! 3000kyat. OK ?」

 

「No~,4000kyat. Your friend 4000kyat. Everybody same !! OK Sir ?」

 

 

まぁ、俺もそうだったけど、とりあえず値切るよね。

だけどさ、数百m手前で俺が4000kyatで乗っちゃってるからねぇ。

 

それに、旅行してるとよく吹っ掛けられんだけどさ、

雰囲気的には、本当にみんな4000kyatで乗ってるような気がするんだよね。

 

お兄さんも優しくて良い感じのお兄さんだし。 

 

なのにナフの奴、、、

 

「No~!! 3000kyat !! OK ? 3000,,, 3000,,, 」

 

うわっ、こいつ超粘りだした、、、

 

 

もうめっちゃ粘るんよ。

何回言っても、「No !!」って言われてんのにさ~、

むしろ逆ギレしてんの。

 

俺も、

「ナフ、アイ シンク グッド プライス。(十分安いと思うよ)」

って言ったんだけどさ、

 

「I don't think so !!(んなことねぇ)」だってさ(苦笑)

もうめちゃくちゃ揉めてんのよ。

 

運転手まで降りて来てさ、

「もうこいつは乗せないでいいよ!!」

って感じにまでなっちゃってっからね。

 

しかもさ、俺が「マイフレンド」って言って停めてもらったじゃん?

マジ超気まじぃ~よ(笑)

 

優しいお兄さんもさすがに怒ってさ、

「Your friend no good !!」だって、、、。

 

「ははは、、、 アイム ソーリー、、、。」

 

ってなんで俺が謝ってんだよ!?

 

 

もう完全にみんな怒ってさ、

ナフを置いて発車したんよ。 

 

そしたらナフの奴、、、

車の前に割って入って車を停めてさ、、、 

 

えぇ~、、、

 

トラックが急ブレーキで停まって、

運転手のおっちゃんが窓から怒鳴りつける。

 

そしたらナフの奴、、、

 

窓に3000kyatを投げ入れる、、、

 

なに? なに?

 

荷台に飛び乗って俺の隣に、、、

 

ちょっと、、、ナフ君、、、

 

「OK !! Thank you !! Let's GO~!! Fu~♪♪

 

 

 

「Fu~♪♪」じゃねぇよ!? 

 

 

 

あぁ、、、なんて奴と友達になっちまったんだ、、、。

周りの視線が痛すぎる、、、。

 

ナフの驚きの行動にさ、周りも呆れ果てたよね。

もうみんなあきらめてさ、そのまま出発したもん。

 

俺が超気まずい思いでいんのに、

平気な顔をして俺の隣に座ってるナフ、、、

 

強者っつ~か、なんというか、、、 

 

ず太ぇ野郎だわ(笑)

 

 

しばらく走ると、こっちは晴れてるのに、

向こうで大雨が降っているのがハッキリ見えた。

 

雨の境界をここまでハッキリ見たのは初めてかもしんねぇ。

みんなで協力して、走ってるトラックの荷台にブルーシートを被せる。

 

被せたとほぼ同時に大雨になった。

 

ザァー!!

 

外が見えないで、

トラックの揺れと雨の音を感じる。

 

昔、遊園地でこんな乗り物乗ったなぁ、、、

 

大雨さんありがとう。

少し気まずさが緩和されました。

 

 

約7時間後、

気まずさを乗り越え、無事に「バーモ」に到着。

 

 

きっとさ、、、

ヒッチハイクの方が気楽だったよね(笑) 

 

 

 

 

まったくナフの奴、、、

 

 

 

 

つづく

この記事をかいた人

ダイスケ

クロスロードのなんでもおじさん。クロスロード愛が強すぎてボランティアスタッフとして居座っている。 書道家という一面も持ち、世界の路上で2万人を超える人たちに日本語でお名前を書き、プレゼントしてきた。好きな言葉は迷ったらGO。