2019.07.24

伝説の旅日記「おもしろそうだからやってみよ。」85th Try 〜 88th Try

【伝説の旅日記を公開】

若かりし頃にアジア1人旅をしたダイスケは、旅の後、『そうだ、旅の経験を文章にして、たくさんの人に読んでもらおう』と思い立つ。時代を読むセンスがあればブログを書いていたと思うのだが、スーパーアナログ人間ダイスケは、『そうだ、電車の中で読んでもらおう♫』と、書いた旅日記を印刷し、駅で配るという行動に出る。『アジア1人旅、旅日記を書いています。よろしければ読んでみてください!!』と駅前で声を張り上げ、4年という期間(旅は1年ちょっとなのに)をかけ、意地で書ききった当時の自分を、僕は今、、、あまり思い出したくない(笑)

【 過去記事はこちら 】

1st Try 〜 4th Try 

5th Try 〜 8th Try

9th Try 〜 12th Try 

13rd Try 〜 16th Try

17th Try 〜 20th Try 

21st Try 〜 24th Try

25th Try 〜 28th Try 

・29th Try 〜 32nd Try

33rd Try 〜 36th Try

37th Try 〜 40th Try

41st Try 〜 44th Try

45th Try 〜 48th Try

49th Try 〜 52nd Try

53rd Try 〜 56th Try

57th Try 〜 60th Try

61st Try 〜 64th Try

65th Try 〜 68th Try

69th Try 〜 72nd Try

73rd Try 〜 76th Try

77th Try 〜 80th Try

・81st Try 〜 84th Try

 

 

 

85th Try

 

 モンゴル行ってみてぇなぁ、、、

 

初めてモンゴルを意識したのは、

2ヶ月前、中国四川省「成都」にいた時。

 

宿にたくさんいた「チベット」を目指す旅人さん達にとって、

衝撃のニュースが流れた。

 

『 チベット、エベレストベースキャンプでアメリカ人がフリーチベット運動。それにより、チベット入境制限が厳しくなる。外国人の立ち入りほぼ不可能。 』

 

このニュースに「チベット」を目指していた旅人さん達は愕然として、

「なんでこのタイミングなんだよ~(怒)」

と毒づきながら、その後の旅程を悩んでいた。

 

そんな中、同じく「チベット」を目指していた旅人さんの一人で、

自分に色々な事を教えてくれていた

Dハイさんが言った一言が最高に気持ち良かった。

 

「今回は拒まれたなぁ~、モンゴルでも行ってみるかな。」

 

すっげぇ前向きで明るいあの言葉を聞いてから、旅行が更に楽しくなったんよ。

 

あれ以来、

「拒まれた~」とか「呼ばれてるっぽい」とか、

超~使うもん(笑)

 

 

そういやぁDハイさん、元気かなぁ~、、、

モンゴルどうだったんだろ、、、

俺もいつか行ってみてぇなぁ~、、、。

モンゴル、、、

 

 

行きてぇ!!

 

 

 

マジんなってきたのは、

ミャンマー最後の夜、ビールを飲んでる時だったかなぁ。

 

実は、ミャンマーの次は、

タイの「バンコク」に行くつもりだったんよ。

 

「ミャンマーに行くにはバンコクからが安くて便利」

って聞いたことがあっからさ、

ミャンマーからも「バンコク」がいいって思ったの。

 

でも、実際チケット買いに行ったらさ、

同じタイでも「チェンマイ」行きの方が全っ然安かったから、

「チェンマイ」にしたんよね。

 

「安い」っつ~理由だけで

「チェンマイ」行きのチケットを取ったんよ。

 

でも、友達が偶然「チェンマイ」にいるっつ~のを、

知った直後だったあの夜、思ったんよね。

 

俺、チェンマイに呼ばれてんのかな?笑

 

 

チェンマイか、、、

ラオスが近けぇのかな?

ラオスからまた中国行って、、、

 

確かDハイさん、

北京からモンゴルに行くとか言ってたんだよなぁ~、、、

 

ちょっと遠いけど、、、

 

おもしろそう、、、

 

なんか、、、

 

 

 

 

行きたくなってきたぞ

 

 

「チェンマイ」で友達のハインと再会して、

流れとノリに任せてたら、タイ、ラオスと来て、

気付いたら中国国境はすぐそこ。

 

中国って2週間以内だったらビザ要らねぇんだよな。

その間にモンゴルまで行っちまえば、、、

 

あれ?なんか、この流れって、、、

 

 

そうか、俺はモンゴルに呼ばれてたのか!?

 

 

そうか、そういうことか、、、。

そしたら、、、どうしよ、、、

行っちゃおうかな、、、

 

うん、もう、、、

 

行っちゃうか。

 

 

そうだな、

 

「迷ったらGO!!」だもんな!!

 

よし、モンゴル行こ!!

 

 

 

 

 

何に関しても優柔不断で、

なかなか決められない俺も、決まっちまえばこっちのもんよ。

 

モンゴルのビザやら列車の手配やら、

よく分かんねぇ事はたくさんあっけどさ、

時間も限られてることだし、

 

とりあえず、、、 

 

北京までぶっ飛ばそう。

 

 

 

っつ~事で、

モンゴル行きを決意した2日後、

 

ラオスの「ルアンナムター」を寝台バスで出発し、

約1ヶ月前にいた中国雲南省都「昆明」に戻ってきた。

 

国境も超えっし、

まさか「昆明」までの直通バスがあるとは思わなかったけど、、、

 

あった(笑)

 

 

たぶんそんなに出て無ぇと思うんだよなぁ~、、、「昆明」行き。

 

そう考えると、

飲み過ぎで出発が1日遅れたのも運命、、、  

 

ふふふ

 

 

 

 

「昆明」は、前に1週間くらいいたからさ、

もう~慣れたもんよ。

 

地理も大分わかってっから、

着いたその足で列車の駅に行ってさ、

翌朝の「北京」行きのチケットを取っといた。

 

 

しかも、

俺の中国語でのやり取りって、マジ超~ナチュラルよ!!

 

「 ニーハオ、ミンティエン ウォー シャン チュー ベイジン。ウーズオ ヨウ マ?」

 

「有。早上?晩上?」(あるよ、午前?午後?)

 

「ア~、ザオシャン シェンマ シーホウ チューファー?」

 

「九点半」

 

「ハオ ダ。 ドゥオー シャオ チェンァ?」(OK~、いくら?)

 

「○百○十○元銭」

 

「シェシェァ!!」(どうも~!!)

 

 

 

明日9時半発の

硬い椅子の席(一番安い)GET!!

 

 

どう? 結構やるべ? 

中国結構長げぇからさ、、、 へへへ

 

 

でもね~、

「明日北京行きの硬座ある?」って聞いたんだけどさ、

「明日」のチケットがあったから会話が繋がったけど、

無かったら超テンパってたと思う(笑)

 

「あさって」ってなんて言うか知らねぇもん!!

 

 

 

無事チケットを取ると、

1ヶ月前に泊まってた宿に向かった。

 

居心地が良かったからっつ~のもあっけど、

どうしてもやっておきたい事があったんよね。

 

シャワーを浴びてサッパリすると、

フロントにいた見覚えのあるおばちゃんに声を掛けてビールを買った。

 

栓を開けてもらって、

共有スペースにあるあのソファーに座ると、早速ビールを、、、

 

 

 

ゴクゴクゴク、、、プハァ~、んめぇ!!

 

タバコに火を点けると、

テーブルの下からあの「情報ノート」を取り出した。

 

 

 

そう、1ヶ月前、、、

この「情報ノート」のおかげでミャンマーに行ったんよね。

 

おかげで最高に楽しい1ヶ月だったわ~。

マジ感謝。

 

だから、せっかく戻ってきたし、

俺もなんか情報を書いておきたかったんだ~。

 

 

ビールを飲みながら、俺が参考にさせてもらった

「ミャンマーへ陸路で行く方法」に付け足す感じで、

ビザの取り方、手続きの仕方から、ミャンマー国内の情報、

「チョメー」でお世話になった最高なガイド「ナインナイン」の連絡先や

80円のパスポートまで、思いつく事を全部書いた。

 

 

この情報がなぁ、、、

もし誰かの役に立ったら超最高だなぁ!!

 

 

 

 

 

翌朝、、、

俺は「昆明」駅でケツをマッサージしていた。

 

予定では「北京」までは約40時間。

2泊3日リクライニング無しの硬い椅子。

 

そんなに長時間、

俺のケツは耐えられるんだろうか?

 

完全に未知の世界だ。

 

でも、このファンキーな経験が、

きっとまた最高な自慢話になるはず、、、

 

行くぜぇ~、未知の世界へ、、、

 

 

 

 

Ket's GO !!

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

86th Try

 

はぁ、、、 

 

はぁぁ、、、 

 

うぅ、、、

 

 

「北京」行きの列車が

雲南省「昆明(クンミン)」を出発して約10時間。

 

予定では、目的地の「北京」まで、まだ30時間以上ある。

 

この超長距離列車の席が、

「寝台」、「柔らかい椅子の席」、「硬い椅子の席」とある中、、、

 

お、安っ!?

 

「硬い椅子」と「柔らかい椅子」でこんなに変わんのかぁ~。

 

でも安いっつってもなぁ、

40時間硬い椅子っつ~のはさすがにキツいよなぁ。

 

ん~、、、でもなぁ、、、

 

「2泊3日硬い椅子だぜ?ケツ圧ハンパ無ぇよ(笑)」

 

とか言えたら、、、 

 

 

おいしいなぁ。

 

 

 

まぁ、どんなにキツくても、

乗っちまえば40時間後には着くんだもんな。 

 

う~ん、、、

 

 

買っちゃうか!!

 

 

つって、

ノリで「硬い椅子の席」を選んじまったけど、、、

 

 

 

やべぇ、、、早くも第一次ケツ危機!!

 

 

 

ケツが痛くて、寝るどころか、

じっとしてる事すらままならねぇ。

 

周りが余裕な顔して喋ってたり、

トランプを楽しんでたりすんのが羨ましくてたまんねぇ。

 

気ぃ紛らわす為にも、誰かと喋ったりしてぇけど、

話しかけるのもなんか恥ずかしいし、、、

 

だめだ、座ってらんねぇ、、、

 

タバコ吸いに行こ

 

 

 

 

出発の30分前くらいに「昆明」駅に着くと、

さすが首都に向かうだけあって、待合所は人で溢れてた。

 

「まもなく乗車できます。」的な放送が流れると、

改札的な場所にみんなが殺到する。

 

すごく。 

 

 

 

そんな慌てなくても、全部指定席じゃん、、、

 

 

まぁ、今更驚かねぇけどね。

 

何回か中国で列車に乗ってっけど、、、例外無く、毎回そうだかんね(笑)

 

 

これで、

並んでる間にめっちゃ抜かされてさ、

乗ったら荷物置きバトルが始まるんよ。

 

座席に靴のまんま立って、

我先にって棚に荷物を置いてくの。

 

そのうち喧嘩する声が聞こえてきたりしてさ。

 

至る所で格闘が続く中、

めちゃくちゃに置かれた荷物を、

まわって来た乗務員さんが直して、

 

どうにか落ち着くんだけど、

そしたら今度はみんな一斉に何かを食いだすんよ。

 

ヒマワリの種とか。

 

そんで、

みんなゴミを床にバンッバン捨ててくからさ、

あっちゅ~間に車内が汚くなってくの。

 

 

すごく。

 

 

 

禁煙なのにタバコの煙も充満するし。

 

注意する人?

 

うん、いないね。

 

乗務員さんまで咥えタバコでまわってくるもん(笑)

 

ナフがいたらおもしろそうだなぁ、、、

 

 

 

 

ま、そんな感じで、

スタートはいつもの流れだわ。

 

ただ、

今回は荷物置きバトルに参加しなかったのが、大失敗だった。

 

周りと揉めるのがめんどくせぇと思ってさ、

最初から荷物を座席の下に置いたんよ。

 

そしたら床がみるみる汚れて行くじゃん。

 

ヒマワリの種の殻くらいならまだしも、

チキンの骨やら、果物のタネやら、バナナの皮やらで、

あっちゅ~間に床がぐっちゃぐちゃ。

 

それどころか、

痰を吐く奴がいたり、子供に小便させる奴まで出てきた。

 

 

 

 

ぬぁ~、理解できねぇ!!

 

 

頼む、俺の荷物に

変な物が付かないでくれ~!!

 

 

 

ただでさえ通路側の席なのに、

荷物が気になって、外の景色なんて見てらんねぇ。

 

安心してもたれる事もできねぇし、

席を離れる事も不安でしょうがねぇ。

 

 

その結果、、、

 

ミャンマーの、

席が木のベンチみてぇな椅子の列車で、

25時間半を耐え抜き、

着実にレベルアップしてるはずの、肉厚が自慢の俺のケツに、、、

 

 

早くも第一次ケツ危機がやってきた。

 

 

 

いくら周りのおっちゃん達が、

席で普通に吸ってるとはいえ、

世界一マナーが良いっつ~のが自慢の日本人が、

禁煙の場所で喫煙する訳にはいかねぇじゃん。

 

だから、喫煙所になってる列車の接続部分に行って、

久し振りにタバコを吸った。

 

 

 

ぷっはぁ~、、、 うますぎる

 

 

 

この10時間の我慢は無駄じゃなかったぁ~。

マジそんくらい煙が美味かったんよ。

 

周りのあまりのマナーの悪さと、

ケツの痛みで、超~イライラしてたんだけどさ、

思いきって席から離れて、

外を眺めながらタバコを吸ってたら、大分落ち着いた。

 

 

 

ここは日本じゃねぇしな。

 

納得いかねぇけど、

イライラしててもしょうがねぇしな。

 

荷物も、、、諦めた。

汚れたら北京で洗おう。

 

今はなんとかこの感じを楽しもう、、、

 

 

う~ん、

楽しむのは無理そうだけど、まぁ、気楽に行こう、、、。

 

 

 

 

第一次ケツ危機を乗り越えて数分後、、、

 

どっかの駅に着いた。

 

 

せっかく気持ちが切り替わって、

やっとリラックスし始めたとこだったのに、、、

 

 

あれ?乗ってくんの?満席だよ、、、

 

 

 

ん!? うぉっ!? 

えっ、ちょっと待っ、、、

 

 

 

やばいくらい人が乗ってきてさ、超ラッシュよ。

 

 

 

せっかくリラックスできると思ったのにさ、

あまりの混みで、

 

この後トイレ行くのも我慢したし、

晩飯のインスタントラーメンにお湯入れに行くのもあきらめてさ、

そのままバリボリ食ったもん。

 

あの混みの中、

喫煙所の横の給湯器までは行けねぇもんなぁ。

 

 

 

 

ところでさぁ、、、

これってすんげぇ長距離列車だよねぇ?

 

だって北京までまだ30時間以上あるはず、、、

 

しかももう夜だし、、、

 

俺なんかは、まだ座れてっからいいけど、、、

 

 

みんな朝まで大丈夫っすか!?

 

 

 

 

みんなは全っ然大丈夫そうだった。

 

俺がだめだったね。

中国人さん、マジたくましいわ。

 

なんなの?辛くねぇのかなぁ?

 

硬てぇ椅子に、

背もたれがほぼ直角ってだけでも辛れぇのに、

超~混んでて、通路もめいっぱいでさ、

席すら無い人が超いっぱいのこの状況で、、、

 

辛そうにしてる人がいねぇ。

 

それどころか、俺の周り、

みんな気持ち良さそうに、爆睡してんもん。

 

それに比べて、俺はウトウトがいいとこ。

 

だから、隣の人の肩に何回も頭突きしてたんだけど、

何十回も起きたから、全く寝た気がしねぇ。

 

何回時計見ただろ?

 

 

 

 

結果、

 

完全に第2次ケツ危機が来た。

 

 

あぁ、、、辛れぇ

 

 

数時間後、、、

 

 

マジ 「Forever」 ってこんな感じかな?

 

って思うくらい長げぇ時間が過ぎて、朝になると、、、

 

 

この超混んでる中で、

みんなが一斉に朝飯を食いだした。

 

あり得ない強引さでインスタントラーメンにお湯を入れに行く人、

あり得ない強引さで売りに来た車内食を食う人、

持ってきた何かしらを食う人など、、、

 

びっくりするくらいみんな一斉に食い始めた。

 

 

 

 

あぁ、、、また床が、、、

 

 

 

 

 

更に数時間後、

出発から丸一日を超えた頃、、、

 

一斉に食ったから?

 

みんなが一斉にトイレに行きだしたんよ。

 

 

 

 

なんで、そのタイミングでなんで俺まで行きたくなるかなぁ。

朝飯食ってねぇのに、、、あぁ~、、、

 

 

 

しょうがねぇから、超混んでる中で超並んで、超~待って、

2人くらいに抜かされて、ようやく自分の番。 

 

ふぅ、やっとだ、、、。

マジ何するにも大変だなぁ、、、

 

 

 

 

ギィ~、、、

 

 

 

 

 

えぇ~、、、

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

87th Try

 

雲南省「昆明」を出発して丸1日を超え、

俺は「北京」に向かう列車で、トイレの順番を待ってる。

 

びっくりするほど同じタイミングで朝飯を食う中国人さん達が、

びっくりするほど同じタイミングでトイレに行き、

ただでさえラッシュ並みに混んでる車内に、トイレ待ちの列ができた。

 

そのタイミングで何故俺まで、、、

 

硬い椅子の席に座り続けんのも辛れぇけど、

混んでる中で立ってんのもかったりぃね。

 

 

 

待ってる間、改めて車内を見回すと、

近代的で綺麗な車内に、たくさんの人。

 

服装は、オシャレ感の違いはあっけど、

日本とそう変わんねぇと思う。

 

ただ、混んでんのに、席が無い人達も、

みんな床に無理やり座っちゃってっからさ、なんか変な光景。

 

そんな中で30分以上待って、

やっと自分の順番がまわってきた。

 

出てきた人を避け、扉を開けて中に、、、 

 

 

 

えぇ、、、

 

 

 

 

信じられない光景を目の当たりにして、

中に入らずに席に戻った。

 

後ろに並んでた中国人さん達は「どうした?」っつ~感じに、

不思議そうな顔で俺を見てる。

 

いやいや、、、 あんた達の方が不思議だよ。

 

 

だって、あのトイレ、、、 

 

 

 

いったい何十人前から流してねぇんだ?

 

 

 

あのトイレから帰ってくる奴が歩くこの床に、、、

俺の荷物は置いてある、、、

あぁ、またブルーになってきた、、、。

 

 

 

しばらく立ってたおかげで、ケツの痛みは引いたんだけど、

相変わらず寝れなくてさ、手持無沙汰で何気なく辺りを見回してたら、

 

車内の壁に、

超中国らしい注意書きを見っけたんよ。

 

漢字だとなんとなくわかるからおもしれぇね。

 

 

ぷぷぷ、、、

 

 

 

「禁煙」

「痰を吐くの禁止」

「窓の外にごみ捨てるの禁止」

 

 

禁煙はともかく、

「これ書かなきゃわかんないすか?」って感じでしょ?

 

 

それが、書いてもわかんねぇんだよ。マジで。

 

だって1個も守られて無ぇもん(笑)

 

 

 

「禁煙」、、、

そこら中で吸ってるどころか、

乗務員さんが咥えタバコで車内をまわってくるよ。

 

「痰を吐くの禁止」、、、

痰を吐くのはもちろん、手で鼻かんで、シートで拭いてる。

 

「窓の外にごみ捨てるの禁止」、、、

捨ててる奴を一人見たから、完璧とは言えないけど、

これはほぼみんなちゃんと守ってるよ。

 

だって、、、ぷ、、、  

 

 

 

 

みんな車内に捨ててっから。

 

 

 

 

あ~、、、笑える。

 

俺、中国結構好きだけど、、、

 

 

 

 

結構嫌いだな(笑)

 

 

 

 

 

出発から約31時間。

 

相変わらず俺は座ってる。

 

こんなに長い間座ってるとさ、

俺もう一生このまま座ってんじゃないかな?

って思ってくるんだろうなぁって思ってたんだけど、、、

 

 

 

意外と思ってこないもんだね。

はい、どうでもいいっすね。

 

 

 

なんかねぇ、

2つ隣の席の女の子が日本語話せるみたい。

 

ちょっとテンション上がるよね。

しかもさ、ナイスタイミングで隣のお兄さんが降りたんよ。

 

だから、話そうとしたら、、、

 

すかさず、間にごっついおっちゃんが座って、

しかも膝の上に子供、、、。

 

 

全っ然話せねぇ。

 

 

それどころか、おっちゃんのケツが超でかくてさ、

俺の席が半分になっちまった。

 

 

チーン、、、

 

 

その後、第3次ケツ危機が、

右半分だけに来て、超辛かったんだけど、

夜、どっかの駅で、

車内がいくらか空いてさ、大分楽になったんよ。

 

そしたら、乗務員さんが車内の床を掃除してくれて、

ぐっちゃぐちゃだった床が綺麗になったんよ。

 

それもあって、

30数時間ぶりにサンダルを脱いだらさ~、

足がパンッパンになってた。

 

 

くるぶしがどっかいっちゃった(笑)

 

 

まぁでも、ケツでかおじさんもいなくなって、

日本語を話せる子とも喋れるようになったし、

車両のつなぎ目にある喫煙所にも行けるようになったし、、、

 

 

やったぁ~、、、峠越えた~!!

 

 

 

車内が空いて身体も楽になったし、

日本語喋って気も楽になったし、

インスタントラーメンはちゃんとお湯ありで食べれたし、、、

 

おかげで夜もぐっすり眠れて、あっという間に朝が来た。

 

 

 

ん? 朝?

 

あれ?

朝方に到着の予定じゃなかったっけ?

 

 

 

日本語できる子に聞いてみたら、

夜中に4時間遅れたらしい。

 

しかも、俺が思ってた到着時刻はそもそも間違ってたらしく、

着くの昼過ぎだってさ、、、

 

まぁ、でも、もうそんな混んでねぇし、喋れるし、、、

 

楽勝、、、

 

 

 

 

 

 

あぁ~、、、

便意、、、 

 

 

 

 

 

ついに来たか。

 

 

奇跡としか言いようが無ぇけど、

丸2日近くトイレに行ってねぇ。

 

その分来た波もでっかかった。

 

今回はさすがに、 

 

さすがに、、、 

 

 

 

 

 

出ちゃう。

 

 

 

神様、お願いします。

どうかトイレが綺麗になっていますように。

 

 

 

あぁ、早く出て来て、、、。

脂汗が出てきた頃、前の人が出てきた。

 

出てきたのはミニスカートのギャル。

普通にカワイイ娘だった。

 

 

良かったぁ~。

 

 

 

少しホッとしたんよね。

 

さすがに、この子の後だったら、、、

 

でも、中に入ると、、、

 

ぐぶはぁっ!? 

鬼汚ねぇ!!

 

 

 

あぁ、、、最悪だ。あぁ、、、座ったら完全に付くじゃん。うぅ、、、昨日の方がまだマシぐぅ、、、だったかもしんねぇ。くっ、、、なんで俺がはぁ、、、こんなこと、、、あ~、でる、、、

 

 

 

う○こを我慢しながら

ひたすらうんこを流した。

 

 

 

 

無意味かもですが、

「トイレは流しましょう」って注意書きお願いします、、、

 

 

 

 

 

 

綺麗になったトイレで用を足して数時間、、、

出発から51時間半、、、 

 

 

やったぁ、、、 

 

 

ついに北京に到着した。

 

 

 

 

 

 

 

早く宿に行って、シャワー浴びて、

ビール飲んで、ゆっくりしてぇ、、、。

 

座りすぎてもう、、、

 

 

 

 

 

腰がペキンペキンだぜ。

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

88th Try

 

来たぁぁああ!! 北京だぁ~!!

 

 

 

 

あぁ、懐かしい、、、この感じ。

 

久し振りに東京を思い出すぜ。

 

決して良い事では無ぇんだけど、、、

 

むしろ悪りぃ事なんだけど、、、

 

どうしても懐かしくて、、、

 

ちょっとテンションが上がっちまう。

 

ここ、、、

めっちゃ、、、

めっちゃ、、、

 

 

 

空気悪りぃ!!

 

 

 

 

駅を出ると、

頼りねぇ小っちぇ地図を頼りに、ユースホステルを目指した。

 

北京が超広いのは想像出来たけど、

そもそもどこに向かっていいかわかんねぇし、

物価が高そうな北京では、できるだけ節約しときてぇ。

 

っつ~事で、歩く事にした。

 

 

 

約1時間後、

地図に載ってるユースホステルの中で一番近いとこを発見した。

 

ユースホステルにはさ、決まった青いマークがあって、

必ず「なんちゃら青年旅社」って書いてあっから、わりと見つけやすいんよね。

 

地図は小っちゃくて不便だけど、

大体の場所がわかりゃぁなんとかなるっつ~もんよ。

 

なんだかんだ中国で2ヶ月以上過ごしてっからさ、

道聞くのなんて訳無ぇもん!!

 

 

 

 

2時間後、、、

 

 

 

あ゛ぁ~、、、

も゛ぅ歩ぎだぐな゛い゛~(泣泣泣)

 

 

 

全っ然見つかんねぇ、、、

こんなはずじゃ、、、

 

 

まじぃなぁ、

ユースホステルは結構あるけど、どこもいっぱいじゃねぇか、、、。

 

聞くとこによると、どうやら今って夏バケーションで、

どこも混んでるらしいんよ。

 

う~ん、タイミング悪りぃなぁ、、、

 

 

 

 

雲南省「昆明(クンミン)」から、

51時間半も「硬い椅子の席」で列車に揺られて、

その後、荷物を背負って3時間以上も歩いてきた。

 

やばい、さすがに限界が、、、

 

 

 

そんな時、目の前に、、、

 

うぉ~!?

でっけぇ~

 

 

これがあの有名な「天安門広場」かぁ~!!

 

 

超有名な観光地ってだけあって、

ものすごい数の中国人観光客が来てる。

 

さすが夏バケーション。

なんか中国って旅行ブームらしいしね~。

 

でも、それを感じさせないほどの、超圧倒的な広さ。

こんなでっけぇ広場はマジ見た事無ぇ。

 

こりゃぁ、、、

 

 

 

うざってぇ!!

 

 

 

この超~疲れてる時に、なんなの?

この広さ。

 

地図に書いてある次のユースホステルは、

この広場を斜めに横切って、まだまだ大分先にあるっつ~のに、、、

 

天安門広場?紫禁城?

 

 

すんません、毛(沢東)さん、、、

マジ、今はどうでもいいっす!!

 

 

 

結局何件のユースホステルを回ったんだろう?

 

ようやくベッドに空きのあるユースホステルを見つけたのは、

北京に着いて約6時間後。

 

もう辺りが暗くなった頃だった。

 

あぁ~、、、

やっど着いたぁぁあああ!!

 

 

 

 

 

シャワーを浴びて、外でビールを買ってくると、

余ってたインスタント麺をベビースター風につまみにして、3本飲んで寝た。 

 

はぁ、、、

マジ長かっ、、、zzz,,,

 

 

 

 

 

 

 

 

あぁ~、、、よく寝たぁ~!!

 

なんか久し振りにゆっくり寝た気がすんぜぇ~。

さぁ、パワーも回復したし、早速モンゴルに向けて行動開始だ!! 

 

 

モンゴルが俺を呼んでいる!!

 

 

まずは、、、ビザ!! 

ビザっつったら大使館だな!!

 

早速、持ってる地図を頼りに、モンゴル大使館に向かうと、

途中で、建設中のビルが超いっぱいあったんよ。

 

昨日歩いてた時は気になんなかったんだけど、

マジそこら中でビル作ってんの。

 

これが建築ラッシュっつ~やつかぁ。すげぇな。

 

しかし、あれ、、、デザインかなぁ?

 

デザインだよなぁ、、、

なんか、めっちゃ傾いてっけど、、、

 

なんか心配になるよね、、、 失礼か(笑)

 

 

 

モンゴル大使館のある辺りは、

いろんな国の大使館が集まっててさ、なんか不思議な感じ。

 

建物ごとにいろんな国旗がたってるんよ。

 

大使館の中って、その国なんでしょ?

だったら、この辺だけで世界一周できちゃうかも(笑)

 

 

とか思ったり、

「あ、この旗は、、、どこだ?」

なんつったりして、楽しみながら歩いてたんだけど、

マジで大使館だらけだからさ、超見つけ辛れぇの。

 

モンゴル大使館。

 

地図も小っちぇから、細かくは見れねぇし。

 

しかも俺、、、

モンゴルの国旗知らねぇし。笑

 

まぁでも、なんとか見つけて、並んでさ、

無事申請することができたんよ。

 

あとは、後日できあがったのを取りに来るだけ。

 

う~っし、順調順調!!

 

 

 

 

 

次は、国際列車のチケット!!

 

だから、、、北京駅か?

 

とりあえず北京駅に行ってみたら、

なんとかっつ~ホテルの中にある旅行会社で扱ってる

っつ~事が判明して、今度はそこに向かった。

 

昨日に続いて今日も歩きまくり。 

 

まぁ、荷物無ぇし、歩くの好きだし、

いろんな発見があっから楽しいけどね。

 

 

 

 

「吉野家」の北京支店発見!!

 

オススメは「焼き鳥串」だって、、、

 

牛丼は!?笑

 

 

 

 

駅で聞いてた通りの場所に来ると、

超でっけぇホテルに着いた。

 

ガードマンみてぇな人もいるし、

外見で既に入り辛れぇけど、

中に入ると高級感が更にハンパ無ぇ。

 

俺、お世辞にも綺麗な格好してるとは言えねぇかんなぁ、、、

 

っつ~か見た目は、、、

 

ストレートに汚ぇ。

 

あぁ、気マジぃ、、、

 

 

 

エスカレーターで上に上がると、

予想通りの高級感溢れる綺麗なお店がいくつかあったんよ。

 

そこにさ、なんかちょっと変っつ~か、

間違った日本語の看板があったの。

 

日本人客への親切なんだろうけど、、、

 

高級ホテルでも適当!?

おかげで、気まずさが薄れたから良かったけど(笑)

 

奥に行くと、言われた通り旅行会社があって、

マジ超~すんなりチケット取れた。

 

 

ただ、モンゴルへの国際列車って、

1週間に2本しか出て無いらしくてさ~、

ビザの関係で、出発が1週間以上先になっちまったんよね。

 

北京はあんま興味無ぇし、

物価も高けぇからさ、1日でも早く行きたかったけど、、、

 

ま、しゃぁねぇな。

出発まで北京を楽しむべ!!

 

そうだ、宿に簡単なキッチンあったし、

自炊して節約生活でもしてみっかな。

 

うん、宿代も普段の倍だかんなぁ。

 

金はどうせならモンゴルで使いてぇし、、、

 

よしっ、帰りにスーパー寄って、野菜でも買って帰ろ~っと!!

 

こうして、俺の北京での節約生活が始まった。

 

 

 

あれ?

そういえば、、、

 

成都で仲良くなったアメリカ人の「Jim」って、

北京に住んでるっつってたよぉな、、、 

 

会いてぇ!! 連絡してみよ~!!

 

 

なんだかんだで、北京も楽しくなりそうだ、、、

 

 

ふふ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく

 

この記事をかいた人

ダイスケ

クロスロードのなんでもおじさん。クロスロード愛が強すぎてボランティアスタッフとして居座っている。 書道家という一面も持ち、世界の路上で2万人を超える人たちに日本語でお名前を書き、プレゼントしてきた。好きな言葉は迷ったらGO。